Real Lee * Bites

目指すは、“元気になる・幸せになる料理”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-25 [ Mon ]
  マメヒコ 店内


ときどき、今時の ”カフェ” ではなくて、
ドアを開けるとカラ~ン♫と鐘が鳴るような、 “喫茶店” が恋しくなる。

自慢の美味しいコーヒーと軽食、本や雑誌、PC片手に何時間でも居座ってしまう
そんな居心地の好さを求めて。


マメヒコはまさに、今時の “喫茶店” だな。
しかも嬉しい事に、店内は禁煙!いいぞ、マメヒコ。
でも、お値段が、ちょっとねぇ…

まぁ、”居座り代” ... いや、居心地の好い ”空間のシェア代” でもあり
マメヒコなりに色々と、”こだわり” があるのである。
メニューの名前も変わってる。

スパイシーなカレーの後のぜんざい、美味しかった~!
寒天、黒豆、大豆、貝豆、小豆、杏子、豆乳QQ (?)の入った、
その名も “マメヒコチェー” 。チェーってなんだ!?

ひんやりと水滴を纏った ”銅マグ” に注がれた ”レイコ” 。冷たさが持続する。
やっぱり、アイスコーヒーはこーでなくっちゃ!
(そう言えば、家の田舎=岐阜じゃ、アイスコーヒーは ”冷コー” だった...^^;)

マメヒコのサイトも変わってる。詳しくはこちら☟

Cafe Mame-Hico http://www.mamehico.com/

マメヒコ カレー マメヒコ アイスコーヒー マメヒコ ぜんざい


ジワジワと迫り来る台風の日、そんなマメヒコで軽く4時間ほど居座って
友人とストレス発散。

止まらない話、止まらない涙…

二人して、目は真っ赤。最後までハンカチが手放せなかった。

まだまだ話したい事は沢山あったけれど、夜に関東を直撃する台風に備え
早目に退散。でも、すっきりした。

「泣く事は気持ちの開放になり、いいこと。免疫力も上がるそうですよ。」

と、病院の先生も言ってたしね...

でもきっと、全面ガラス張りの窓から眺める、嵐の前の曇り空と
昼時でかなり混んでいたにも関わらず、
然りげなく気に掛けてくれつつも、いい意味で放っておいてくれた
マメヒコの優しさ(?)と、懐かしい雰囲気が、今日の涙を誘ったんだな...

たまにしか行けないお値段だけど(クドッ^^;)、また行こっと。
今度は本をお供に、店内の雰囲気を楽しみながら、ひとりでゆっくりとね。

そう、名物のレモンケーキも是非、食べてみないと!
じゃあ、また、その時期を狙って。


最後に、マメヒコのサイトから引用。

  “チェー” とはベトナムや台湾では代表的なデザートで、“ぜんざい”のこと。
  温かいものも冷たいものもあるようです。
  フルーツやお豆、寒天、タピオカ、ハスの実などを氷とともに器に盛り、
  ソースやシロップをかけて、自由にかき混ぜていただくデザートです。

以上。



FC2 Management
2012-03-09 [ Fri ]
  cafedemaroc 2010_10 1

前回の投稿に続き、またしてもショッキング!な情報が・・・

エンボカ(軽井沢店)さんと同じく、軽井沢のお楽しみ!的存在である

Cafe de Maroc / カフェ ドゥ モロッコさん

お店のサイトを持たないモロッコさん、
まさか・・・と思いつつ、ネット上でお店の情報を検索すると

なんと、こちらも昨年末以来(?)、休業状態で再開の予定は未定!?

とのこと。

"食べログ" の情報に至っては、“閉店”となっていた。

これ、ホントに本当???


どうしちゃったんだろう・・・ また、しばらく旅に出られたんだろうか・・・


「次は是非ディナーに!」と、最後にお会いしてから
既に、1年以上が経ってしまった。

モロッコ旅行も未だ実現しそうになく、連絡も出来ないまま。
美味しいラムを、食べ損ねてしまった。


残念すぎる・・・(涙)


もう少し、体調が回復したら連絡してみよう。
どうか、メルアドはそのままですように。

そして、

「いえ、また近い内に再開しますよ!」と、
ケロッとした調子で、嬉しい返事が帰って来ますように。


【過去の日記】
Cafe de Maroc @ 軽井沢 2009年11月

写真 * 2010年
cafedemaroc 2010_10 5 cafedemaroc 2010_10 6 cafedemaroc 2010_10 7
cafedemaroc 2010_10 2 cafedemaroc 2010_10 4 cafedemaroc 2010_10 3
cafedemaroc 2010_10 8 cafedemaroc 2010_10 9 cafedemaroc 2010_10 10

2012-03-05 [ Mon ]
enboca 2010

我家にとって、毎年、軽井沢を訪れる楽しみの一つは
何と言っても、エンボカ(軽井沢店)さんにお邪魔する事。

ここ1年程、闘病生活が続いている事もあり
すっかりご無沙汰していたその間に

なんと、お店が火事で全焼!?

全然知らなかった…

店長さんをはじめ、お店の皆さんはお元気なのだろうか…


お店のサイトには、

  ”再開まで時間はかかりますが、新たな構想のもと再生します。
   今しばらくお待ちください。”

とあった。


待ちます!待ちますとも!!
楽しみに、待ってますよ~。


私も、その間に復活を目指したいと思います。

お互い頑張りましょうね。

大変な事も多いかとお察ししますが、くれぐれも皆さまお身体ご自愛くださいね。

また、お会いできる日を心待ちにしております!


そうそう、軽井沢店再開に先立ち

3月17日(土)に、旧軽井沢店がオープンするんですよね!

うぅぅ、行きたい… 美味しいピザ、食べたい…


enboca エンボカ
旧軽井沢店 3/17(sat) New OPEN!!
東京店
京都店
軽井沢店(一時休業中)
 

【過去の日記】
enboca @ 軽井沢 2009年10月
enboca @ 軽井沢 2008年 4月
enboca @ 軽井沢 2007年11月

写真 * 2010年
enboca 2010_10 2 enboca 2010_10 3 enboca 2010_10 4
enboca 2010_10 5 enboca 2010_10 6 enboca 2010_10 7

2010-08-15 [ Sun ]
   2010_6 karuizawa 1 2010_6 karuizawa 2010_6 karuizawa 0
   2010_6 karuizawa 4 2010_6 karuizawa 3 2010_6 karuizawa 6
   2010_6 karuizawa 7 2010_6 karuizawa 8 2010_6 karuizawa 9


   残暑お見舞い申し上げます。

   全く更新もしないまま、気が付けばもう8月!?
   このままではいけない!
   と、やっとそんな気持ちになって来たところです。

   7月には、飽きもせず大好きな軽井沢へ。
   1泊2日にも関わらずまたも、雨・あめ・アメ☂
   うっかりして、いつものお店は予約できず...

   でも、そのおかげで新しい発見もあり
   今までとは一味違う軽井沢を堪能することができた。

   そして

   まだまだ手探りながら、新しい事も始動しそうな...
   そんな今日この頃です。

   ボチボチ更新もする予定ですので
   また時々、覗いて頂ければ嬉しいです。

   
   まだまだ暑さ厳しい折、お身体ご自愛下さいませ。



2010-03-15 [ Mon ]
早いもので、ブログを初めてかれこれ3年が経つ。

私にとって、料理は一番の楽しみ(関心事)ではあるけれど
特に “料理上手” と言う訳ではなく、盛付けにもあまりセンスがない。

Food Blogながら、オリジナルのレシピを
素敵な写真とともに紹介している類いでもなく

あくまでも、その時々興味・感心のある事について綴った
自分にとっては記録であり、大切なアルバムのようなもの。

時折、時間を遡って少し過去の自分を振り返ってみると
恥ずかしさや懐かしさとともに、今になって見えてくるものがあったりして
それが不思議と面白く、新たな意欲にも繋がっている。


最近は、twitterにも手を染め
益々ネット上を徘徊する時間も増えた...


ここ数年、体調不良から仕事らしい仕事と言うものをしておらず
この先ももう、会社勤めをする事はないだろうと思っている。

フルタイムで働いていた頃に比べれば、確実に自由ではあるけれど
逆に漠然とした不安を感じ、今後の方向性や先の事ばかりを考える訳だが
あまり当てもなく考えすぎると、人間、煮詰まる...

と言う事で、

取り合えずお金を掛けずに、社会とのつながりを持つ手段として
今流行のツイッターとやらを、あまり深く考えずに初めてみた次第。

mixiやブログと同じように、はじめは要領も面白さも分からず
しばらくは放置状態が続き、でもまぁ何となくいじっている内に
徐々に楽しみ方が分かり始め、色々と広がりを持ち始めたような状況だ。


そんな今、少しだけ書き留めておきたいこと...


私が時折、色々なところで時間を共にしている人達のどれ程が
その時間を本当に楽しいと感じているかなんて、正直分からない。

自分が想像している以上に
世の中、感じ方も考え方も、本当に人それぞれで

「そ~、分かるっ!!」
なんて、意見が合った時のほうが、逆にビックリして感激するくらいだ。

でも、

考え方が180度違う人と言うのは
「この人とはきっと、一生寄り添う事はないだろうな~。」
と思いつつも、どこか、気になる存在だったりする。

結局、

自分が想像つくことよりも、思ってもみなかった事にハッ!として
刺激を受けるようなことが、以外に大切で、必要なんだろうと
そんな風に思うからだ。


自分の考えに固執して、他人を受け入れる事ができず
わがままに彼我の念を強め、嫉妬や悪口を言ってみたり
他人がすることにケチばかりつけて、自分はただ何もせず見ているだけ...

そんな自分が嫌で嫌でたまらなかった。

自分に自信が持てない、コンプレックスの固まりたる所以は
何か一つでも秀でたもの、得意なもの、専門分野がないから。
面倒くさがりで飽き症な性格が根っこにあるせいだ。

私にとって

自分で選択も判断もできない『無知』は恐ろしいことだが、
それ以上に厄介なのは、それを認めることができない『変なプライド』

人との関わりや社会に身を置くことで、傷つくことも多いけれど
耳を傾けてみれば、学ぶことも沢山ある。

だから一度

プライドもストレスもすべて手放して、ある意味図太く、
貪欲に、今目の前にある “好き” を突き進んでみよう!

と、思ったのが数年前。

恥をかくなんて事は日常茶飯事で
周りから本当はどう思われているのかなんて、そんなこと分からない。

でも、それもこれも全部、一旦丸ごと受けとめてしまえばいい。

反射神経は衰える一方なんだし、焦ってアワアワするよりも
何が至らなかったのか、何が行き過ぎたのか
後でゆっくり噛み砕いて、自分なりに消化していけばいい。

自分自身にゆとりを与えることで、自信が芽生えるなら儲け物。

と、気持ちを切り替えるすべを、少し身に付けた。


つかず離れず、いつもながら絶妙な距離感で
自分を見守ってくれる夫をはじめ、家族や友人達を信じて

幾つになっても学ぶ心を失わず、好奇心をキラキラと輝かせながら
歩み続けて行きたいと思っている。

そしていつか、

どういう形でかは分からないけれど
世の中に何かお返しすることが出来れば、幸せ。

それだけ。


私が唯一、飽きずにずっと続けている事が “料理”

温かくて、元気が沸いて、美味しくて、幸せになれる....
そんなことをいつも、どこか片隅で願いながら

“好きこそ物の上手なれ”
この言葉を励みに、日々、楽しく精進出来ればと思う。



いつも忙しい中、わざわざコメントを残してくれたり
メールで様子を伺ってくれる方々には、心から感謝!!

コメントはなくとも、時折思い出して訪れてくれる方
たまたま辿り着いて、古い投稿までも遡って読んでくれる方にも
同じ想い。

誰かからのレスポンスは、確実に励みになってます。
勿論、忌憚のない意見や反論も参考にさせていただくつもりです。


いつもどうもありがとう!ありがとうございます。

また時々、覗いて頂ければ嬉しいです。



2010-02-11 [ Thu ]
       ストウブ鍋 1

このところ、も~、手放せなくなっているのが Staub の鍋

手の込んだフレンチやオーブン料理に限らず、
ごはん炊きから煮物、鍋物、炒め物、ジャム作りに至るまで
かなりの頻度で酷使し、日々愛用しているわけであります。

その内ホウロウが剥がれて来たりして...!?


ストウブは、いわゆるホウロウ引き(黒マットエマイユ加工)した分厚い鋳鉄製鍋。

同じく鋳鉄製鍋で有名なル・クルーゼとの違いは、何と言っても
蓋の内側に施されたピコ(丸突起)による『セルフ・ベイスティング システム』

こ~れが、素材の旨味を含んだ蒸気を自動的に循環し
素材の良さを活かしつつ、料理をジューシーに仕上げてくれるんですな~!

そして

従来のホウロウ加工とは異なる『黒マットエマイユ加工』

この、表面がザラザラしている加工により
油の細かい粒子が鋳鉄に馴染みやすく、焦げ付きにくいと言う点。

詳しくは、下記:公式サイトを参照くださいませ!

 □ ピコ・ココット 5つの特徴
   http://www.staub.jp/about/about.html
 □ セルフ・ベイスティング・システム
   http://www.staub.jp/about/about3.html


かなり重たいけれど、その分、熱伝導性と保温性が高く、経済的でエコ!
まるで陶磁器のような表情や、渋い色合いが揃うのも魅力の一つ!!

煮込みなら圧力鍋のほうが...と、おっしゃる方も多いかと思う。
確かに、時間が短縮できて忙しい時には便利だけれど
その風貌がゆえか、なぜか、昔からあまり興味がない...

でも、このストウブも短い時間で何でも美味しくできる優れもの!
まさに万能選手。

まぁそんなこんなで、私としては断然ストウブ派!な訳であります。


難点はと言えば、やはり高価なお値段...

定価ではとても手が出せない我家は勿論、“楽天”をフル活用。

日頃から、ポイントをちまちま貯めつつ数店舗をチェックし
40~45%OFFの激安放出時を狙って、少しづつ買い揃えておりまする(^^;

夢は、キッチンの一角に積み上げたストウブのタワー♪
パテや丸魚料理用にオーバルも揃えたいっ!

でも、

そろそろ打ち止め...かなぁ...
プロの料理人な訳でもあるまいし....(/_;)


ストウブ鍋 2

◆ 玄米ごはんの炊き方:ストウブ鍋(ラウンド20cm)使用

1:玄米(2~3分づきくらいに精米するのがお勧め)3合(540cc)
  を軽くとぐ。
2:鍋に米を移し、水4合 (720cc)に浸す。
3:蓋をして30分程そのまま置いておく。
4:炊く。まずは強火に掛ける。
  ぐつぐつ音がして軽く蒸気を吹き始めたら、極弱火~弱火にして20分。
  (弱火の加減は、吹きこぼれないことが目安)
5:最後に中火~強火で1分程、蒸気(水分)をある程度飛ばす。
6:火を止め、そのまましばらく蒸らす(最低10分)。

ポイントは、強火に掛けてから約10~13分後、
ぐつぐつ音がし始めたら吹きこぼれる前に弱火にする事!

そうそう、玄米の場合も浸水は30分程度で十分だと思う。
それ以上浸けておくと、かえって臭みが残る気がします。


以前紹介した“おひつ炊飯鍋”より、より美味しく炊けとります♪
お試しあれ。


ストウブ鍋 3 



  ■ Staub JP Official Site
    http://www.staub.jp/







レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
2010-01-21 [ Thu ]
オニオングラタンスープ 1

今月の教室でいただいたオニオングラタンスープが
あまりの美味しさ♪だったので、早速、家でも作ってみた。

玉ねぎ4個を繊維に沿って薄くスライスし
ストウブ鍋で小1時間程度、じっくり炒める。

いわゆる、飴色玉ねぎ。
これが美味しさの決め手。

鶏のフォンも、ちゃんと鶏ガラから採った。

これらが結構面倒で、今まで家で作った事がなかったけれど
教室で先生の説明を聞いていると、
きちんとフォンを採るところから始めたくなるから不思議。

薄くスライスしたバゲットを浮かべ
細くすり下ろしたグリュイエール・チーズをたっぷりかけて
トースターへ。

キッチン中に、何とも言えないチーズの芳ばし~香りが漂い
食欲をそそります♪

でもきっと、
チーズ嫌いの人には耐えられない “悪臭” なんだろうな・・・(^^;

玉ねぎの甘さと、チーズの塩分がい~感じ!
フォンもコクがあるのに優しい味わい。

自己満足気味の私を横目に、旦那の感想は

「ちょっと甘過ぎじゃない?」

何をおっしゃるウサギさん!?

これは玉ねぎの自然な甘味ですがな・・・

でも、確かにちょっと濃厚な甘さ。

ひょっとして、香り付けのポルト酒をコニャックで
代用しちゃったからかも・・・?

翌日には少々お水を足して、味も落ち着き
より美味しくなった気がします。

また作ろ~っと♪

そうそう、

結構な量となる、玉ねぎのスライス中
隣の部屋でTVを観ていた旦那が
涙目で「め、目が痛い・・・」と訴えていた。

あらら、そんなところまで!?
凄いね、玉ねぎって・・・

ちなみに私はコンタクトなので、全然平気なのでした~(^^)


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
2010-01-17 [ Sun ]
そ~言えば、

すっかり忘れていたけれど
作年末、久し振りに立ち寄った渋谷パルコの洋書屋 LOGOS

以前にも紹介した
雑誌『AUSTRALIA VOGUE ENTERTAINING + TRAVEL』で連載中の
シドニーのカフェ Sopraのシェフ、Andy Bunnのレシピ

『Seasonal Kitchen』が、なんと

Vogue Entertaining + Travel:
 seasonal kitchen-a year of deliciously easy recipes


として、一冊にまとめられ出版されているのを発見!?

な~んだ
だったら、毎回無理して高い雑誌買わなくて良かったじゃん...(;_;)


しかもそれによると

その、シドニーのDanks StreetにあるCafe Sopra
2号店がPotts Pointにもオープンしたらしい。

へ~。(しどらーやfelixくんは、もう行ったことあるかな...?)

1号店の、シンプルで広々とした雰囲気が好きだけど
2号店はどんな感じなんだろう...?

シドニー、また行きたくなって来たな~。


過去の日記
Australia VOGUE E+T '08 Feb/Mar Issue (2008年3月)
Cafe Sopra(2007年3月)



Sopra at Fratelli Fresh Warehouse Market
7 Danks Street Waterloo, NSW
02・9699・3174

Dank Street Depot & Fratelli Fresh by SYDNEY GAZE

Cafe Sopra by smh.com.au
Time Out Sydney about Andy Bunn
LifeStyle FOOD.com.au


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
2010-01-05 [ Tue ]
2010年 富士山


2010年 富士山 2あけましておめでとうございます。

おせち作りで一年を締めくくり、
雑煮作りで2010年がスタート!

晴天の続く東京のお天気のごとく、
心穏やかに新年を迎えることができました。


我家のおせちは、極々シンプルな基本の数点のみ。
気の利いた飾り付けもなく、実はお重すら持っていません...

でも、

朝から順に、一品一品仕上げてゆき
夜、整然と並ぶタッパで埋まった冷蔵庫を見ると
「よしっ。」と、そんな充実感で満たされます。

大根や人参などの食材を、限りなく細く千切りにしたりと
丁寧に黙々とこなす下ごしらえの時間
無心になれるこの作業が、以外と好きだったりします。

キチンとできれば味にも表れるもの。

その甲斐あって、
今年のなますは皆に好評で、嬉しさもひとしお♪です。


日々の小さなことを楽しめる
あたりまえの事をあたりまえにできる

そんな直実な一年にしたいと思います。


時折お邪魔する、こぐれひでこさんの『ごはん日記
今年の抱負を拝見し、「あらまぁ...!?」

まさしく同じ思いです。

私も今年はその辺りを、じっくり考えてみたいと思います。


そうそう、

来年のおせちには、是非、練りもの系がプラスできれば...
とも、思ってま~す(^^)/


今年もよろしくお願いいたします。


       2010年 おせち a
   2010年 雑煮 a 2010年 富士山 b



レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
2009-12-27 [ Sun ]
    2009 X'mas Dinner 3

クリスマスの夜、雛鶏を焼いてみました。
(相変わらず写真が今一ですが... )

今月の教室で習った『キャトルエピス風味の雛鶏のロースト』
クローブ他、4種類のスパイスが決め手!
部屋中に芳ばしい香りが広がって、食欲をそそります♪

このレシピはホント手軽で美味!

ワイルドライスは高いので、ファルス(詰物)はいつもの玄米で代用。
ちょっぴり焼き過ぎた気もするけれど、それでも十分、美味しかった~♪
(先生ありがと~!来年もヨロシクです。)

天然酵母パン(ブール)とリンゴのキッシュも焼き
昼からオーブンフル稼働!の熱い、いや、暑い我家でした。

天然酵母パン X'mas '09 雛鳥のロースト X'mas '09 リンゴの甘いキッシュ  1


そうそう、この雛鶏

今回は少々贅沢し、東麻布の日進で調達した2種を食べ比べ。
・フランス産地鶏の雛鶏 769円/1羽
・アメリカ産ゲームヘン(軍鶏の雛鶏)590円/1羽

教室同様、フランス産の方がよりジューシーではあるけれど
アメリカ産も十分な美味しさ!

次回はこのゲームヘンで、サムゲタンを作ってみよ~と思います。

* * *

この日進ワールドデリカテッセンは、広尾のナショナル麻布同様
昔から、在日外国人の方々の強い味方!
私的には、疑似 海外気分が味わえる、楽し~場所♪

他では手に入りにくい、海外の食材や調味料などが揃います。

特に日進は、品質の良い輸入肉が比較的安く手に入る事で有名。

経営母体が日進ハム(日進畜産工業)の為、精肉やハム・ソーセージ類に
特化している感じだが、その分、魚介類は冷凍と加工品のみだった気が・・・

オリジナルのベーコンと無添加ソーセージは
ちょっと高いけど、お勧めです。(通信販売でも購入可)

そして、3階のWorld Wide Wineコーナー♪
ここに行くとホント、時間が経つのを忘れます・・・

特にリーズナブルなデイリーワインを探すならここ。
とにかく広くて、種類が豊富!ハーフボトルも充実です。

外国人客の多いこのお店では、客のリクエストを元に仕入れるため
各国(現地)ならではの美味しいワインや珍しいワインが揃うんだとか。

ん~、素晴らしい!

ビールも充実の品揃え。
ベルギー・ビールも揃ってます♪
ウィルキンソンのジンジャエールも2種類あります♪

何より、
気取らない雰囲気が気に入っておりまする!


日進オリジナルベーコン&ソーセージ 日進ワールドデリカ ワイン ウィルキンソン ジンジャエール


■ 日進ワールドデリカテッセン
http://www.nissinham.co.jp/nwd/
■ 日進ハム 通信販売
http://www.nissinham.co.jp/e-shop/index.html
■ ナショナル麻布スーパーマーケット
http://www.national-azabu.com/index2.php


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!

 | HOME |  »

PROFILE

Lee

Author:Lee
+ + +
Real Lee * Bites へようこそ
旅・食・住を中心に
心の趣くまま、気の向くまま
マイペースで更新中
どうぞ宜しく

+ + LINKS + +

Tumblr

Lee * way

Shop * Lee Bites

CATEGORY

  • About Me (3)
  • Cooking * Bites (34)
  • Food * Bites (7)
  • Kitchen * Bites (5)
  • Tokyo * Bites (19)
  • New York * Bites (10)
  • Sydney * Bites (7)
  • London * Bites (0)
  • Karuizawa * Bites (14)
  • Hokkaido * Bites (1)
  • Kyoto * Bites (0)
  • Other Places * Bites (1)
  • Books for Cooks * En (6)
  • Books for Cooks * Ja (7)
  • BGM for Cooking (2)
  • Others (10)

RECENT POSTS & COMMENTS

PREVIOUS POSTS

* 全タイトルを一覧表示

COUNTER

SEARCH

Real Lee * Bites 内検索

MAIL

Real Lee * Bitesへの
ご意見・ご感想、お問い合せは
下記フォームより送信下さい。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

TWITTER

FAVORITES

FAVORITES

RANKING

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。