Real Lee * Bites

目指すは、“元気になる・幸せになる料理”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-25 [ Mon ]
  マメヒコ 店内


ときどき、今時の ”カフェ” ではなくて、
ドアを開けるとカラ~ン♫と鐘が鳴るような、 “喫茶店” が恋しくなる。

自慢の美味しいコーヒーと軽食、本や雑誌、PC片手に何時間でも居座ってしまう
そんな居心地の好さを求めて。


マメヒコはまさに、今時の “喫茶店” だな。
しかも嬉しい事に、店内は禁煙!いいぞ、マメヒコ。
でも、お値段が、ちょっとねぇ…

まぁ、”居座り代” ... いや、居心地の好い ”空間のシェア代” でもあり
マメヒコなりに色々と、”こだわり” があるのである。
メニューの名前も変わってる。

スパイシーなカレーの後のぜんざい、美味しかった~!
寒天、黒豆、大豆、貝豆、小豆、杏子、豆乳QQ (?)の入った、
その名も “マメヒコチェー” 。チェーってなんだ!?

ひんやりと水滴を纏った ”銅マグ” に注がれた ”レイコ” 。冷たさが持続する。
やっぱり、アイスコーヒーはこーでなくっちゃ!
(そう言えば、家の田舎=岐阜じゃ、アイスコーヒーは ”冷コー” だった...^^;)

マメヒコのサイトも変わってる。詳しくはこちら☟

Cafe Mame-Hico http://www.mamehico.com/

マメヒコ カレー マメヒコ アイスコーヒー マメヒコ ぜんざい


ジワジワと迫り来る台風の日、そんなマメヒコで軽く4時間ほど居座って
友人とストレス発散。

止まらない話、止まらない涙…

二人して、目は真っ赤。最後までハンカチが手放せなかった。

まだまだ話したい事は沢山あったけれど、夜に関東を直撃する台風に備え
早目に退散。でも、すっきりした。

「泣く事は気持ちの開放になり、いいこと。免疫力も上がるそうですよ。」

と、病院の先生も言ってたしね...

でもきっと、全面ガラス張りの窓から眺める、嵐の前の曇り空と
昼時でかなり混んでいたにも関わらず、
然りげなく気に掛けてくれつつも、いい意味で放っておいてくれた
マメヒコの優しさ(?)と、懐かしい雰囲気が、今日の涙を誘ったんだな...

たまにしか行けないお値段だけど(クドッ^^;)、また行こっと。
今度は本をお供に、店内の雰囲気を楽しみながら、ひとりでゆっくりとね。

そう、名物のレモンケーキも是非、食べてみないと!
じゃあ、また、その時期を狙って。


最後に、マメヒコのサイトから引用。

  “チェー” とはベトナムや台湾では代表的なデザートで、“ぜんざい”のこと。
  温かいものも冷たいものもあるようです。
  フルーツやお豆、寒天、タピオカ、ハスの実などを氷とともに器に盛り、
  ソースやシロップをかけて、自由にかき混ぜていただくデザートです。

以上。



スポンサーサイト
2009-09-28 [ Mon ]
ハーブ バジルペースト材料 バジルペースト
ゴーヤ ゴーヤチャンプル

随分と更新を怠っている間に、季節はすっかり秋。
幾分過ごしやすくなり、やる気も少しづつ回復しつつありまする。

今年の夏、我家ではベランダのミニ菜園で穫れた
バジルやミント、タイムやローズマリーなどのハーブが大活躍!

夏の終わり頃には、諦めかけていたゴーヤも無事収穫!
ミニサイズだったけれど、とっても美味しいチャンプル~♪
となって、私達の味覚を楽しませてくれました。

たとえ小さなベランダの菜園であっても
穫れたてのものは、ホント、新鮮さが際立ってとても美味!

何とも言えない幸せを感じます。

* * *

さてさて、今日初めて知ったのですが

ジョーズ上海(JOE'S SHANGHAI)が

池袋サンシャイン60に、9/18オープンしたそうですね~!?


JOE'S SHANGHAIと言えば 、美味しい小龍包で有名な
NYマンハッタンのチャイナタウンにある、上海料理レストラン。

特に “蟹肉と蟹ミソ入り小籠包”は絶品♪

ミッドタウンとフラッシング(クイーンズ)にもお店があり
どちらかと言えば、我家はフラッシング店が好みだったかな~。
フラッシング店も人気で、常に混んでいた記憶があるけど・・・


でもまぁ、NYであればJOE'S SHANGHAIでなくとも
美味しい小龍包に出会う事は出来る。

我家はよく、チャイナタウンのMott St.にあった
鴻新麺點之家(Hung Sun Noodle Shop Inc.)と言う
テイクアウト専門の総菜屋で、冷凍販売していた
自家製の小龍包や餃子をまとめ買いし、冷凍庫に常備していた。

小龍包は、“蟹肉&蟹ミソ入り”と“豚肉”の2種類。
自宅で蒸して食べるわけだが、こ~れが本当に美味!!

でもある時、忽然とお店がなくなっていたのよね~。

地元の中国系の方にも人気で、流行っていたから
移転したのかもしれないけど、当時、その後の行方は不明。

今になってネットで検索してみれば、
Allen St.に同じ名前のお店があるようだけど・・・
ここに移ったのかしら?

ひょっとしてご存知の方、いらっしゃいますかね?


話が逸れた気もするが・・・

まぁ、そんな感じで、日常的に親しんでいた小龍包
そ~言えば、日本に帰って来てからは、殆ど食べていない!?

池袋、これも殆ど行く機会のない場所だけど
久々に美味しい小龍包を食べに、New Open!の“ジョーズ上海”
行ってみたくなって来たかも~♪

NYのお店と変わらぬ美味しさなのかしら・・・

もう行かれた方、いらっしゃいますか?


自家製アイス・ミントティー


■ ジョーズ上海 (東京)
池袋サンシャイン60 59階
☎ 03-5952-8835
http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/tn/detail/detail_t0362.html

■ JOE'S SHANGHAI(NY)
http://www.joeshanghairestaurants.com/


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
2009-04-01 [ Wed ]
コチネッラ 前菜

そうそう、すっかり紹介が遅れましたが、
イタリア料理教室の先生と言えば、昨年10月(?)お店を始められました。

オープンして間もなく、友人とランチを食べに行って来たのですが
教室で習ったメニューもあり、懐かしい味を堪能して来ましたよ~!

* * *

お店の名前は、コチネッラ

中目黒の山手通り沿いにあり、白を基調とした開放感ある造りのお店。
店内の壁面には、可愛らしいテントウ虫などの絵が描かれていて
先生らしさが表れている感じ(?)でしょうかね。(お店の写真

お店のサイトには、こんなコメントも。
『コチネッラ=てんとう虫はイタリアでも幸福を呼ぶシンボルです。
みなさんに口福を運ぶべくコチネッラをオープンしました。』

そして、

「本格イタリアンではなく、イタリアの家庭料理をできるだけ
現地の味で提供したい。」と言うのが、先生の意気込みだそうです。
(by.シブヤ経済新聞


コチネッラ 肉 コチネッラ 魚
コチネッラ パスタ 1 コチネッラ パスタ 2

ランチは、A~Eの4コースから選択。(Menu
ドルチェ(デザート)は別料金、グラスワインも赤白あります。

私達は、ドルチェ以外の全てを頂けるDコースをチョイス!

内容は、本日の前菜3種盛り合わせ、サラダ+肉魚、パスタ、カフェ
肉魚はどちらかを、パスタはその日の2種類から選びます。


この日の前菜は、
コチネッラ メニューボード・じゃがいもの厚焼きフリコ、豆のサラダ、フォッロ
(トップ写真)

肉魚は、
・野菜の肉詰めオーブン焼き(写真:左上)
・メカジキのインボルティーニ(写真:右上)

パスタは、
・ケッパー、ツナ、ナスのスパゲッティーニ (写真:左下)
・菜の花のフィジッリ(写真:右下)


ボリュームも、ランチにしては十分なんじゃないかな~。

この野菜の肉詰めオーブン焼きは、教室でも大人気の一品で
私も大好き!ジューシーで美味しかった~♪(過去の日記

前菜の3品もどれも私好みで、帰り際、テイクアウト・コーナーに
並ぶ、じゃがいもの厚焼きフリコを見つけ、買って帰った程。

他にも数点お惣菜をテイクアウト。
夜、ワインを飲みながら、ひとりで美味しく頂きました♪


夜のメニューには、日替わり数量限定で手打ちパスタもあるとの事!

また近い内、
久し振りに先生の打つパスタを頂きに、お店を訪れたいと思います。



■ cuccina italiane Coccinella(トラットリア・カフェ コチネッラ)
〒153-0042
東京都目黒区青葉台1-27-12 サンライトビル
☎ 03-3760-3449

■ お店のサイト(先生のHP『Kikkos Net』内)
http://www.kikkos.net/coccinella/index.html
■ お店のブログ『中目黒 テントウムシ日記』
http://ameblo.jp/coccinella1945/



レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中! 
2008-02-07 [ Thu ]
先日、いつもお世話になっている、玉川高島屋B1のお魚屋さん
中島水産さんの
『魚の捌き方教室』 に参加してきました!

築地・中島水産本社 B1研修所

場所は築地にある本社ビル。
会場の教室は、社員の方が研修で使用される本格的な設え。

私達も準備いただいた長靴と、プロ使用のターポリン製
ロング・エプロン
、自前のハチマキならぬ三角巾を装着し

いざ、出陣!

生徒10名程に先生3名と、なかなか贅沢な体制の中
あじの下処理、開き、三枚下ろし、なめろうの作り方と計8尾
いかの下処理、ポッポ焼き、塩辛の作り方と計3杯を捌き

充実した設備の中、全て実践による教習内容で
写真を撮ることも忘れるほど
あっという間に2時間が過ぎてしまった。

なんと言っても、普段はプロを育成されている先生方に
手取り足取り(?)教えていただける訳で、
私もかなり真剣に、あじ・イカ相手に奮闘した次第!?

とは言え、

どこか親しみを覚える、味のある先生方との
楽しい会話あり!途中には試食あり!!
最初と最後には築地マップを見ながらの、築地案内付き。

他の生徒さんは、ご年配の先輩主婦の方が殆んどで
気さくに声を掛けていただいたり、色々と教えていただいたり
これがまた、私にとってはことの他楽しいひと時でした。

魚の捌き方教室 お土産

そして最後には、その日に捌いた食材全てと
他にも、お土産に干物を数点いただき大満足♪

これで参加費3,500円と言うのは、かなりお徳なのでは?
2度目の参加の方もいらしたけれど、頷ける気がした。
私もまた是非、参加したいと思います♪

その後数日、我家の食卓はあじ・イカ尽くし・・・

* * *

そして、教室終了後は久し振りの市場 (場外) 散策!
早速、中島水産の方のお勧めのお店でランチをいただく事に。

まぐろの頬肉ステーキ丼定食

西通りから路地を少し入ったところにあるお店
虎杖(いたどり)裏店』 の “まぐろの頬肉ステーキ丼定食”

元々は、きつねやカレーうどんが有名のお店らしいが
今は表店はうどん、東店は寿司とそれぞれ人気の様子。

ここ裏店は、店内もなかなか今時の感じで客層も若く
洒落た丼物が人気のようだが、何だか一瞬
場外の中にいることを忘れてしまいそう!?

値段もなかなか張る!?
最近の築地の人気店はこんな感じなのかな~。

食後は、波除通りの 『コーヒースペース・ ヨネモト』 で休憩。
濃い目のエスプレッソに、甘さ控え目で淹れてもらった
“キャラメル・マキアート” が美味しいかった!

その後は、午後から仕事!?の友人と別れ
一人、精力的に散策続行!

築地横丁の 『うおがし銘茶・本店』 にて、
先生や生徒さんお勧めの “魚がし粉茶” を購入。

うおがし銘茶・粉茶

最近ここの銀座店が人気らしいけれど
築地本願寺斜め向かい、築地新店の2・3階 にある
茶の実倶楽部” も、どこか隠れ家的で癒される空間!

買物に疲れたら、落ち着いた雰囲気のなか
美味しい日本茶で一服・・・
築地でのあらたな楽しみをみつけた気がして
ちょっと嬉しくなった♪

5階のイベント・スペース “会” や
本社総本店にて、毎月催されるイベントにも興味津々!
特に、“抹茶の美味しい点て方教室” 一度参加してみよう。

改まって茶道を習うというより、実家の父がしていたように
たまには自分でお抹茶を点てて、一息ホ~ッと気分転換する
その程度の気軽さが、今の私には向いているかも。


その他にも、魚の骨抜きや調理道具などを物色したり
波除稲荷の大獅子を前にお参りしたり・・・

最後に寄った、豆専門店 『山本商店』 の
波除通りにある支店で、お店のお兄さんとしばらく豆談義!?
あれやこれやと色々と教えていただき、成るほど、目から鱗!

山本商店(支店) 鞍掛豆と虎豆

鞍掛豆と虎豆を購入し、気付けば両手に大荷物・・・

かれこれ十数年振りの築地市場は、ここ数年の “築地人気” も
あってか、行き交う人や雰囲気が少々違って見える気もしたが

そこに働く人たちは、以前と変わらずどこに行っても皆
気軽に声を掛けてくれるし、聞けば親切に色々と教えてくれる。
やっぱり、商売人はこ~でなくちゃね!

なんだか、築地の街や人々から元気をもらった気がして
ずっと忘れていた感覚を、ひょいっと、不意に思い出したような
晴々しさが込み上げて、とっても気分よく帰路に着いた。

しかし地下鉄に乗ると、あっという間に現実の世界!?

一瞬、東京にいる事を忘れていたかも・・・

そう遠いわけでもなし、築地、また行こ~!


■ 築地・中島水産
http://www.nakajimasuisan.co.jp/
■ 築地・虎杖 (いたどり)
http://www.itadori.co.jp/
■ 築地・米本珈琲 (ヨネモトコーヒー)
http://www.yonemoto-coffee.com/
■ 築地・うおがし銘茶
http://www.uogashi-meicha.co.jp/index.html
■ 築地・魚がし横丁
http://www.uogashiyokocho.or.jp/top/top.htm
■ 築地場外市場
http://www.tsukiji.or.jp/index.html

レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中! 
2007-10-19 [ Fri ]
体調が思わしくない時、ツルンorプルンとした物が食べたくなる。
ゼリー、プリン、ヨーグルト・・・
プラス、新鮮なフルーツにホイップと来れば、も~完璧!


マンゴー入り仙草ゼリー黒蜜かけ♪そんな時たまに訪れる 『糖朝』 での定番は、“仙草ゼリー

“マンゴー入り仙草ゼリー 黒蜜かけ”
“小豆入り仙草ゼリー 黒蜜かけ”

身体に良さそうな、真っ黒でちょっぴり苦味ある仙草ゼリー
添えられた黒蜜やマンゴー、小豆にココナッツと相性バッチリ!

ドライアイスで冷やされ、器を包む冷気とその程よいヒンヤリ感に
気分もいくらかスッキリする。

ところが、

先日、その 『糖朝』 で新たに気になるデザートを発見!?

それは、糖朝パフェ♪

こ~れはも~、私にとってはスペシャル中のスペシャル!

糖朝パフェ♪

ベースには、仙草ゼリーとココナッツミルク・プリンにマンゴーソース
途中には、小豆とタップリのホイップクリームに、マンゴーの果肉

そしてトップには、またまたマンゴー、イチゴ、キウイ、メロンなど
新鮮なフルーツがタップリ添えられている!(季節により変更)

甘さも極力控え目で、ん~、完璧だわ! 完璧に私好み♪
まぁ、“大人のパフェ” とでも言ったところか。

鉄観音茶はこの店のサービスだし、これで600円代なら
カフェでフルーツ・パフェをいただくよりお値打ちなのでは!?

ん~、週末はまたしばらく通ってしまいそ~、ヤバイ。


糖朝パフェ♪2


■ 糖朝 (R.T.Corporation)
http://www.rt-c.co.jp/business/02toucho.html
■ 糖朝 玉川高島屋店 (玉川高島屋 地下1階)
http://www.takashimaya.co.jp/tamagawa/floor/b01.html

■ Web Magellan Monthly Special Wold Food 『糖朝』
http://www.magellanresorts.co.jp/monthly/world-foods/wf-2002.10.html
■ All About グルメ アジアンスイーツ探検隊 『糖朝の豆腐花』
http://allabout.co.jp/gourmet/chinesetea/closeup/CU20040627B/


人気blogランキングに参加中! FC2ブログランキングに参加中!  ブログランキング・にほんブログ村参加中! レシピブログに参加中!
2007-10-03 [ Wed ]
Bill Granger1先日紹介した、シドニーの人気カフェ 『bills』 の
期間限定カフェ 『bills cafe』 @ SIGN 代官山

初日 (10/1)の、オープ二ング・イベントの招待状をGet!
一足お先に行って来ました!

当日は、報道関係の方を招いてのお披露目会のようで
狭い店内では多くの方々が、撮影や取材をされており

どうやら一般人は、私と友人を含め極数人・・・

何だかあまり、居心地の良くない雰囲気の中
それでも、ビル本人のデモンストレーションを見たり
話を聞いたり、メニューを試食させて頂いたり

最後には、ビルと直接話す事もでき(勿論握手も!)

楽しいひと時となりました♪

Bill Granger2

始めてお会いしたビル・グレンジャー氏は、
想像していたイメージとは違い、フワ~っとソフトな印象で
物腰がとっても優しくて、ちょっと癒された気分!

夫人と3人の小さなお嬢さんを伴っての来日のようで
お店のテラスで元気一杯にハシャグ、お嬢さん達を
嬉しそうに紹介される姿が印象的でした。


スイートコーン・フリッター リコッタ・パンケーキ パブロバ

そしてお楽しみの試食!

billsの看板メニュー、スクランブル・エッグ、
スイートコーン・フリッター、リコッタ・パンケーキ、
パブロバの4種類が勢揃い!

久し振りの懐かしい味と、美味しさに感動♪

甘いコーン・フリッターにトッピングのアボカドとコリアンダー
のアクセントが、なんとも・・・旨いです!
でも、シドニーのお店ではアボカドは無かった気が・・・

これを食べるために始めてシドニーを訪れた、パンケーキ。
泡立てたメレンゲと、タップリ入れるリコッタ・チーズが
フワッフワの決め手!ハニーコーム・バターもちゃんと健在!

それにパブロバ!ここのパブロバは私の大好物♪
サックリ&しっとりのこの食感は、クセになる美味しさです!

ミニ・サイズではあったけれど、billsらしさを味わえ満足♪
期間中に是非、また食べに行きたいと思います!


そして、なんと!?


2008年の3月22日(土)には、鎌倉の七里ガ浜に
bills shichirigahama (仮) 』 をオープンとの事!!

※最新情報掲載は公式サイトをチェック!
↓↓↓
■ bills shichirigahama
〒248-0026
神奈川県鎌倉市七里ガ浜1-1-1
WEEKEND HOUSW ALLEY 2F

代官山はそのテスト・キッチンでもあるらしい。

シドニーと同じクオリティで、日本ならではの融合を
しながらの展開との事だ。

海外初出店となるお店が、日本の鎌倉にねぇ・・・

ちょっぴり複雑な気持ちもあるけれど
でも、楽しみにオープンを待ちたいと思いま~す♪

bills cafe 詳細 bills cafe メニュー
 
※ 『bills cafe 』 と 『bills shichirigahama (仮)』
  の詳細は、↓下記公式サイト上で見られます。

■ bills Japanese Official Site (日本語公式サイト)
http://www.bills-jp.net/


レシピブログに参加中!  FC2ブログランキングに参加中!   人気blogランキングに参加中!
2007-09-15 [ Sat ]
今朝たまたま、 「@ぴあ」 上で見逃せない情報を発見した!

なんと、私も大好きなあのシドニーの人気カフェ 「bills」 が
10月1日(月)から期間限定で、代官山にオープン予定との事!

代官山駅のカフェ 「SIGN」 とのコラボレーションらいし。

そのオープンに先立ち、ビル・グレンジャー氏本人も来日し
参加するイベントも企画されている様子。

(ん~、早速応募してしまったわ・・・)

でもどうやらこれ、オーストラリアをはじめ海外で人気の
ビル氏の料理番組 「Bills Food」 が

日本でも9月29日(土)より、WOWWOWで放送開始されるのに
合わせてのイベントのよう。

(ムムッ、我家はWOWWOWが観られない・・・うぅぅ、観たい・・・)

Cook Books 1

それにしても、その番組の邦題

「朝からウマい!ビルの幸せブレックファスト」

(って、あたたたっ・・・)

「Bills Food」 でい~じゃん!?

いつもながら、全く以って疑問なのが
一体、ど~言う基準で邦題ってのが決定されているのか。

Nigella Bites」 → 「ナイジェラの気楽にクッキング」

The Naked Chef」 → 「裸のシェフ」 まぁ、これはそのままだけど。

だったら、原題のままのが全然いいのに・・・

(そう言う訳には行かない、理由があるんだろうけど、でもね~!)


そう言えば、
数年前、確か銀座の 「アフタヌーンティー」 で、 「裸のシェフ」 の
ジェイミー・オリヴァー氏が考案したメニューを展開するとの事で

同じく本人が来日・参加のイベントを含め、随分盛り上がっていたけれど
あのメニューは今もまだ、存在するのだろうか・・・?


でもやっぱり、billsのメニューはシドニーの
あの独特の雰囲気と空気の下で、いただくのが一番。

と言うことで

今回の一連の企画も、まぁ、あまり期待しすぎず
軽い気持ちで覗いてみれば、それなりに楽しめるかも♪


※10/1(月)オープニング・イベント参加時の日記はここからリンク

■ WOWWOW (番組・イベント情報)
http://www.wowow.co.jp/extra/bill/
■ bills Official Site (En)
http://www.bills.com.au/recipes/index.htm
■ bills Official Site (Ja)
http://www.bills-jp.net/

■ Bills Food (by Life Style Food AU)
http://www.lifestylefood.com.au/shows/show.asp?id=24
■ Bills Food (by BBC Food UK)
http://www.bbc.co.uk/food/tv_and_radio/billsfood_index.shtml


レシピブログに参加中!  FC2ブログランキングに参加中!   人気blogランキングに参加中!
2007-09-10 [ Mon ]
東京シティビューからの眺望また一つ、お気に入りに加えたい素敵なお店に出会ってしまった!

白金にある、フレンチ・レストラン Lacherir (ラシェリール)

たまにお邪魔するブログ 『美味しい生活~TOKYOマイブーム
の大変な美食家と思われる筆者が、何度となく通われ
その度に絶賛されており、とても興味を持ったのがきっかけ


世間はお盆休みの最中、ジリジリと太陽が照付ける暑い日
友人と待合わせ、いざっ、ランチへ。


広尾駅と白金高輪駅の丁度中間の位置、両駅から10分程歩く
北里通りの路地裏に、目立たずひっそりと佇むお店だった。

18席7テーブルの小さな店内は、アイボリーを基調にシンプルにまとめられ
そのホールに立つ、若いマダムの美しさを一層引き立てている!

その穏やかで控え目なマダムの気遣いに、つい気が緩み
不覚にもその日は完全に飲みすぎてしまった・・・

美味しかったリースリングの銘柄も、その日のワインの写真も
すっかり飛んでしまったけれど

まさに “私好み” のお料理には、感動しきり!

旬の野菜や新鮮な素材を、必要以上に手を掛け過ぎず
それでいて、美味しさをしっかりと引き出す素晴らしさ。

バランス良く彩りも鮮やかで、とっても食欲をそそる!

ポーションもランチにしては充分なボリュームだ。

ラシェリール:前菜

中でも特に感動したのは、前菜のハモ。

何ともカラフルな一品で、ハモの表面を程よくグリルし
適度な歯ごたえを残しつつ、中は柔らかい見事な仕上がりに
爽やかなバジル・ソースが絶妙なマッチング♪

こんな香ばしく味わい深いハモは、はじめてかも!

紅心大根をさり気なくあしらい、和の余韻を残しつつも
フレンチでいただけるなんて・・・

ラシェリール:メイン

そして、メインの仔羊のロースト。

ボリュームもあり、限りなくレアな仕上がりにも関わらず
全く臭みを感じることなく、柔らかくジューシーな仔羊に

羊が余り得意ではない友人も、感動する程の美味しさ!

タイムとクルミのソースも、主張し過ぎることなく
仔羊とグリルした野菜を引き立てて

も~大満足!の一品でした。

デザートは、トロピカルなソルベとフルーツでさっぱりと。

少々甘さが欲しい気もしたけれど、
そこはエスプレッソに砂糖を落とし落ち着かせる。

ラシェリール:アミューズ ラシェリール:スープ ラシェリール:デザート


美味しい生活』 のaniaさんもおっしゃる通り
とても居心地が良く、つい長居をしてしまった。

気が付けば最後の客となり、半酔っ払い状態の私・・・(恥)
シェフとマダムに表までお見送りいただき、少々恐縮。

是非、また訪れたいお店となりました!

ディナーのお料理も興味津々!こちらも近い内。

当日いただいたお料理 (Lunch Menu B)

・Amuse bouche
 生ハムと野菜のグレッグ

・"HAMO" grille en salade de tomato au basiric
 ハモのグリエ フルーツトマトのサラダ バジルの香り

・Soupe de poisson
 海の恵のスープ 帆立貝添え

・Carre d'agneau roti au thym
 骨付き仔羊のロースト タイムとクルミの香り

・Salade de fruit avec sorbet passion
 フルーツのコンポジション パッションフルーツのソルベと共に


■ Lacherir (ラシェリール)
東京都港区白金3-14-10
03-5789-4450
http://www.lacherir.jp/


※ トップの写真はその帰りに立寄った、六本木ヒルズ52階の展望台
  『東京シティビュー』 からの眺望。
  とっても暑かったけど、眩しい青空が広がる眺めの良い日でした。


レシピブログに参加中!  FC2ブログランキングに参加中!   人気blogランキングに参加中!
2007-08-11 [ Sat ]
先日、久し振りに自由ヶ丘を訪れると

いつも立寄っていた、駅近くの書店がすっかりなくなり
代わりに 『上島珈琲店』 が、もうすっかり当前のように
そこに鎮座していた!?

ホント、入れ替わりが早いなぁ~。
そんなに来てなかっただろうか・・・

上島珈琲 パルマ産プロシュート・サンドイッチ♪

でも、『上島珈琲店』 はちょっと嬉しいかもしれない!

かつて日本に存在していた独特の喫茶店文化。
そこでは大人達が、豊かな時間をゆっくりと味わっていました。

この古き良き日本の喫茶文化を大切にすると共に
1933年の創業以来培ってきたコーヒーへのこだわりと技術で
本当に美味しいコーヒーをご提供し、
懐かしく暖かな珈琲店として現在に進化させたのが、上島珈琲店です。
(上島珈琲店ホームページ:上島珈琲店とは より引用)

失われつつある日本の喫茶文化を大切にした
懐かしく温かでしかしかつて何処にもなかった、大人のための珈琲店
(上島珈琲店ホームページ:コンセプト より引用)


確かに、スタンド・コーヒーのような手軽さもあるが
店内は、どこか懐かしさの漂う昔の喫茶店のようでもあり
不思議な空間だ。

キッチリ分煙された店内は、タバコの臭もなし!
しかも嬉しい事に、開放感あるテラス側は禁煙席。
これは素晴らしい!
(※各店舗によって差があるようですので注意!)

世の中には、店内が折角分煙になっていても
喫煙者に解放されたテラス席から、店内に漂うタバコ臭を
全く気にしない不思議なお店も多い!


そして、肝心のコーヒー。

こちらの特徴はなんといっても、ネルドリップ
お店のサイトにもあるように、
美味しさを最も良く引き出す抽出法との事だが
熟練した抽出技術が必要なため、最近では減少傾向にあるらしい。

確かに、コクと言うか口の中にコーヒーの膜が広がるような
鼻からコーヒー香が抜けるような・・・そんな感じ。

うん、こう言うコーヒーは久し振りかもしれない!
とっても深くて香りがい~!

そして、何よりも郷愁をそそるのはアイスコーヒーの
銅製のマグカップ!
やっぱり、アイスコーヒーはこれでしょう!!


まだドトールやスタバなどのスタンドコーヒー店が
なかった頃、コーヒー好きの私は 『喫茶店』 によく足を運んだ。

一杯づつ、じっくり蒸らしながら時間を変けて落とす、その
何ともいえない香りや、アイスコーヒーが銅製のマグカップに注がれ
冷たさが際立ち、かき混ぜるとグラスとは一味違ったその氷の響きが
なんだか好きだった。

朝は、厚切りのトーストと共に。
昼は、サンドイッチやじっくり煮込んだカレーライスと共に。
そして、雑誌を見たりゆっくり読書をする大好きな場所だった。


でも、やはり足が遠のいた一番の理由は
タバコの煙!(くどいようだが・・・)

そして、ドトールなどの安くて早いコーヒーチェーンの到来も
就職し慌しくなった日常の中では、ありがたかった。


さすがにカレーライスはないけれど、ここのフードメニュー
サンドイッチが充実し、素材選びなどにも力を入れている様子。
パルマ産プロシュート・サンドイッチは、なかなか美味♪

中部出身の私としては、モーニング・メニューも捨てがたい!

上島珈琲 モーニングセット♪

ちょっと気になるのが、『季節のメニュー

夏季限定 『オレンジミルク珈琲』 は、コクのあるコーヒーと
タップリのホイップ、オレンジのジャムが、い~バランス!?
どこか懐かしい美味しさかも♪

ドトールなどに比べると若干高い値段設定ではあるが
クオリティの高いコーヒーをこの値段で頂けるのはありがたい!
しかも、クリーンで懐かしい雰囲気の中、手軽に♪だ。

う~ん、通ってしまいそう!

家の近くにも出来ないかな~。
UCC・上島珈琲店さん、ご検討の程、宜しく!!


■ 上島珈琲店
http://www.ueshima-coffee-ten.jp/


レシピブログに参加中!  FC2ブログランキングに参加中!   人気blogランキングに参加中!
2007-06-25 [ Mon ]
諸用で恵比寿に出掛けた帰り道、恵比寿ガーデンプレイスへ。

最後に訪れたのは何時だろう・・・随分しばらく振りな気がした。
その証拠に、すっかり忘れていたお店を再発掘!

ワインマーケットPARTY

ワインマーケット 『PARTY』

ここ、楽し~~~!!

店名のとおり、ワインを囲んでのパーティに必要なグッズから
チーズやオリーブ、ジャム、オイル、塩などの食材

ワイン好きにはたまらない品々が、広い店内にコーナーごとに
揃えられていて、時間があっという間に過ぎる。

ワインの品揃えも、勿論豊富!

宝探し気分で発見したのは、先日訪れたモダン・オーストラリアン
Salt』 で皆にも好評だった 『Shaw and Smith

Shaw & Smith

シラーズ、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネと揃い
どれにしようか迷ったが、まだ試したことのないシャルドネをGet!

ん~、でもここのお勧めはやはり、ソーヴィニヨンかも。
何と言っても、フルーティな香りがとても豊かで、でもスキッと
したのど越しで・・・ホント、幸せな気分になれるワイン♪

お値段も、ここのブランド中では一番お手頃。是非お試しあれ!

そして、

これまた久し振りに、アトレ恵比寿5階の 『Mauka Meadows』 へ。
何と!?ここもいつの間にか、全席禁煙になっていた!

素晴らしー!!

そう、以前は恵比寿での待ち合わせの際、必ずと言っていい程
フルーツタップリのワッフルと、コナ・コーヒーを目当てに立寄った
ものだが、このところ足が遠のいた理由は、やはりタバコの煙・・・

でもこの日は、煙りと臭いに邪魔される事なく、いつもの
『フルーツガーデン・ワッフル & マウカメドウズ・ブレンド』 を
メープルシロップもタップリと掛け、存分に堪能でき、大満足!

フルーツガーデン・ワッフル♪

思わずこの日は特別に、コーヒーも 『100%ピュア』 をオーダー♪

感謝の気持ち & 美味しく贅沢な気分を味わい、い~感じで
久し振りの楽しい恵比寿を、後にしたのでしたっ(^^)


■PARTY (恵比寿ガーデンプレイスB1F プロムナード内)
http://www.partywine.com/shop/default.aspx
■恵比寿ガーデンプレイス
http://gardenplace.jp/index.html
■恵比寿ガーデンプレイス PARTY Info.
http://gardenplace.jp/shopping/party.html

■Mauka Meadows (マウカメドウズ)
http://www.doutor.co.jp/mau/
■アトレ恵比寿 フロアガイド
http://www.atre.co.jp/ebisu/
■アトレ恵比寿 マウカメドウズInfo.
http://www.ekipara.com/html/Indication/shopHtml/K1040R04_160.html

レシピブログに参加中!  FC2ブログランキングに参加中!   人気blogランキングに参加中!
2007-06-19 [ Tue ]
行って来ました!4月末にオープンした新丸の内ビル6階の
モダン・オーストラリアン 『Salt』 と、ワールドワイン・バー 『W.W.』

楽しんで来ましたよ~♪

どちらのお店でも感じたのは、以前紹介した、期間限定でプレ・オープン
していた 『テスト・キッチン』 同様、型にはまらないフレキシブル
なサービスを提供しようと、努力している感が伺えること。

W.W.はカウンター席メインの、シックで洒落た雰囲気のワイン・バー。
(個室も有 下記W.W.サイト参照)

高さのあるバースツールに座るのが大変だけど、窓際のカウンター席は
丸の内のオフィス街から東京駅までを見渡す事ができ、静かに流れる時間
と、世界中の美味しいワインをいただくことの出来る、大人の場所。

残念なのは喫煙可なこと。
ワインは香りも楽しむものなのに、ちょっと残念。

お値段もそれなりだけど、Saltでの食事前、待合わせには丁度良かった!

写真1:下記参照

そしてSalt。こちらは全面禁煙。

週半ば、水曜の夜だと言うのに、スーツ姿のビジネス・マンや仕事帰りの
OLらしき人々で、遅くまでほぼ満席の状態に、先ず驚く!?

ビルや店舗のインテリア等は、やはりその時々 『流行』 があるとは
思うが、新丸ビルも東京ミッドタウンも、どこか感じが似ている気がする。

でも、アースカラーでシックにまとめられ、広々とした店内には
それ自体がオブジェのようなソファーや、存在感のあるフロアーライト
全面ガラスの一面は、オーガンジーのカーテンで覆われて

懲りすぎず、作り込みすぎない、大胆でシンプルな雰囲気は
“シドニーっぽい” と、言えるかもしれない。

もし、その大きな窓が開け放たれ、爽やかな風でも流れれば
そこが東京のオフィス街、丸の内だと言う事を確実に忘れてしまいそうだ・・・

写真2:下記参照 写真3:下記参照 写真4:下記参照

細かい事を言えば、その場所柄を痛感してしまう価格設定にも関わらず

若いスタッフの対応には、まだまだ不安を感じるし
お料理も、チャレンジ精神が旺盛な故に、目新しい素材に不慣れな客には
不思議なテイストに感じてしまうかもしれないけれど

何より客を楽しませようと、若いアシスタント・マネージャーが奮闘
している姿、サービス精神旺盛なシェフ(シャノン・ビニー氏)の姿勢は
とても気持ちが良い!

日本では馴染みの薄いモダン・オーストラリア料理、現地調達の素材も
含め、『どんなお料理?』 『どんなテイスト?』 『これは何の香り?』 と
メニューを選ぶ段階から、想像を膨らませ、ワクワク感を高めながら

あれやこれやと訊ねるその会話の中から、メニューにない料理のアレンジ
やデザートまで用意していただき、ことのほか楽しむことが出来た♪

私としては、この、お店の方とのフランクな会話から生まれる、美味しく
楽しい展開に、自由な発想のモダン・オーストラリアンらしさを感じ
これもまた、このお店の大きな魅力のような気がして嬉しくなった。

メニュー自体は、テスト・キッチンでの内容に、スペシャル・メニューを
随時プラスし、テーブルごとに、アラカルトか全てお任せのデギュスタシオン
の選択。アラカルトのボリュームは、少なすぎず多すぎず適量だろう。

雑誌 Australia VOGUE Entertaining+Travel('07年4・5月号 P17)上で
ルーク・マンガン氏がコメントしていた通り、お店入口のオープンキッチン前
には鮮魚用の水槽を設えられ、可能な限りOZ & NZ産の魚介も空輸すると言う。

今後の新メニューも、気になるところだ!


一緒に訪れた、いつものメンバー=目も舌も肥えた熟女達!?との会話も
いつもながら盛り上がり、楽しいひと時でした!

それにしても、ホント、この歳になって同年代の友人達と、こんなに
楽しい時間が持てる事に、改めて感謝。

これからも、食に旅に・・・ 大人の時間を、どんどん楽しも~ね♪


写真1 : ラッセルハヌート風味のラムロインのポーチ
     付け合せはマッシュ・ポテトかと思いきや、根セロリのクリーム!?
     これがまた、ラムによく合う!
写真2 : トラウト・サーモンのカルパッチョ
     生姜とエシャロットのソースとフェタチーズのコンビネーションが面白い!
写真3 : 友人チョイスの前菜のエビ(当日のスペシャル・メニュー) 
     OZ産完熟マンゴーとリチのサルサソースが美味!
写真4 : 皆にも好評だった、『Shaw and Smith』 のソーヴィニオン・ブラン!
     とってもフルーティで爽やかな味わいは、正にオーストラリア・ワイン!

酔いも手伝い、デザート写真は撮り忘れ・・・
特別に用意いただいた、ベイリーフ・テイストのさっぱりしたトライフル!
ベイリーフのムースがとっても面白い!量も充分で、満足でした♪
 
■Salt by Luke Mangan
http://www.pjgroup.jp/salt/
■W.W. (World Wine)
http://www.pjgroup.jp/ww/
■新丸の内ビルディング(6階)
http://www.shinmaru.jp/03_floor/6f.html

レシピブログに参加中!  FC2ブログランキングに参加中!   人気blogランキングに参加中!
2007-06-06 [ Wed ]
一香庵

暑い日が多かったGW、軽井沢で美味しい蕎麦三昧だった我家。
それ以来、なんだかムショ~に蕎麦が食べたくなる・・・

我家のご近所には、気軽で美味しいお蕎麦屋さんがあまり見当たらない。
かと言って、普段はわざわざ遠出をする気にもなれず

何気に行ってしまうのが、玉川高島屋SC 南館6階の 『一香庵』

ここは数年前の開店当時、新潟だか?の大粒で美味しい納豆のかき揚げ
が付いたざるうどんがあり、そのかき揚げの美味しいさっ!たらなく
何度か通ったものの、そのメニューもなくなり、最近はご無沙汰だった。

海野天せいろ 卵焼き そば打ち

でもここ、やっぱりお蕎麦も美味しいかも。

蕎麦つゆは江戸前だけあって、ちょっと辛め。

中部出身の私としては、どちらかと言うと信州のつゆように
少々甘味のあるほうが、断然好きだし美味しいと思えるけど

そこは、程よく甘い卵焼きでカバー。

そして、ここのお勧めはやはり天婦羅!

質の良いゴマ油を使っているのか、とっても素材が甘く感じられる。
薄い衣もサクサク香ばしくて美味し~♪

蕎麦の種類は(お店のサイトより)

せいろ : 北海道産の蕎麦粉を石臼でゆっくり挽いた、通好みの ニ・八仕立て
更 科 : 蕎麦の実の芯の部分の粉を使用、細くて白い、美しい蕎麦
十割蕎麦 : 粗めに挽いた蕎麦粉を使用、個性的な触感

それに、手打ちのざるうどん。これも歯ごたえがあって美味。

細くて喉越しのよい更科も捨てがたいけれど
私のお気に入りは 『海野天せいろ』。 『ごま汁せいろ』 もコクがありお勧め!

入口右手の 『打ち場』 はガラス張りで、通行人に見つめられながらも
手際良く、一心にそばを打つ職人さんの姿を見ていたら

なんだか私もやってみたくなった。
家庭用の蕎麦打ち道具、揃えようかな・・・ハハッ。


唯一の難点は、禁煙席を設けていないこと。(※下記参照)

近い将来、都や国の条例で飲食店が全面禁煙になる事を、強く望んで
いる私としては、お金を払って美味しい物をいただく時はどこであれ

他人のタバコの煙に、全てを台無しにされたくないと思うけれど

でも特に、香りを楽しむ蕎麦屋と、新鮮で活きの良いネタがウリの
寿司屋(特にカウンター席)が、喫煙だったり、分煙すら設けていない所には

とても疑問を感じる。

どれだけ、上質の素材を使おうが、こだわりをもって料理をしようが
非喫煙者がタバコの煙の中で、食事をしなければいけない状況に

何の配慮もないと言うのは、『どこか片手落ち』 なのではないだろうか?

しかも、丁度ここのお店の前には、百貨店側の設けた喫煙所まである。
特に仕切りがあるわけでもなく、周辺一帯はモクモク!!

百貨店内の全ての飲食店は、夜はほぼ喫煙可か無意味な分煙にも関わらず・・・

折角の美味しいお蕎麦、綺麗な空気の中でいただきたいと、切に願います。

※ その後お店を訪れてみると、何と、全席禁煙♪になっていた!
  しかも、百貨店側の禁煙所もガラス張りの個室に。素晴らしい!!
  一香庵さん、高島屋さん、どうもありがと~!(2007年7月追記)


■一香庵
http://www.ikkouan.com/index.html

レシピブログに参加中!  FC2ブログランキングに参加中!   人気blogランキングに参加中!
2007-05-31 [ Thu ]
檜町公園5月は、海外在住の友人達の一時帰国が重なった事もあり
東京ミッドタウンと新美術館辺りへの、出没率が高かった私・・・

東京ミッドタウン、何度行っても凡人には縁遠い所のような気がして
ならないけど、食べる事&美味しい物には興味大!の私としては
「友達のお付き合い」 と称し、リサーチに行く絶好の機会!

* * *

本日は、今までに訪れた未紹介のお店の、限りなく私的な感想を。

COPPOLA'S vinoteca (2F) ★★☆☆☆
店内のゆったり感と、景色の良さは抜群だけど、お料理の量の少なさと
アンバランスさには疑問が・・・!?
一番期待していたワインの種類も今一つ・・・今後に期待して良いのか?
 
てんぷら山の上 Roppongi (3F) ★★★☆☆
同じく見晴らしの良いカウンター席で、老舗で修業を積まれた板さんに
目の前で揚げていただく天婦羅は、素材の良さ、極上のごま油(揚げ油)
の甘味といい申し分ないけれど、ランチからこの値段!?と考えてしまうと
感動が薄れてしまう凡人の性が・・・普段は 『つな八』 で充分かも。
ここのネックは喫煙可なこと!たしか分煙にもなっていなかった気が・・・

浅野屋 (1F) ★★★☆☆
浅野屋軽井沢の旧軽銀座にある有名なパン屋さんが、何だかブランド・
ショップのような内装に、一瞬怯むけど、お勧めなのがモーニング・
セット!どこか、旅先のホテルでいただく朝食のような錯覚が・・・
たまにはこんな朝も、気分転換にはいいかも。
パンは可も無く不可もなく・・・軽井沢のが美味しく感じるかな~。
でもサービスには力を入れている感が、バタバタの中にも伺える。

DEAN & DELUCA (B1) ★★★☆☆
Dean & Delucaん~、NYのD&Dが大好きなだけに、辛口コメントをしたくなる・・・
でも最初の印象からすれば、まだ楽しめるようになったかも。
特にデリ・コーナーのお惣菜には、とっても力を入れている感じ!
見栄えも良いし、味もなかなか!ちょっとづつオーダーしてワインと
共に、店内で軽くいただくのも楽しいかもしれない。
チーズコーナーで見つけた、オードブル・セットもなかなかお勧め!!
ハーフドライトマトをハムで巻いて試してみてね!とっても美味♪

patisserie Sadaharu AOKI paris (B1) ★★☆☆☆
お店はとっても洒落た感じ、スウィーツもとってもカラフルで素敵だけど
ん~、今一つ味に感動が薄い・・・これも値段のせいなのか・・・
しかし今一度、リベンジしてみたい気も。サービスにはまだドタバタ感が。

JEAN-PAUL HEVIN (B1) ★☆☆☆☆
サービスは、至ってその辺のカフェと変わらないド素人感が強い・・・
味も、数種類のチョコ&マカロン共に、ん~~~、特に感動なし。
チョコレート・ドリンクやランチメニューにも興味があったが
そのお値段から、無理して試す気にもならない・・・かも。
でも、逆にパリに行ったら是非、本店を訪れチョコやケーキを
いただいてみたいと言う気になった・・・(^^;

芦屋タカトラ芦屋タカトラ (B1) ★★★☆☆
東京ミッドタウンにあるのが、逆に幸いした気がしないでもないが
手頃感があって、特にエクレアとプリンは、以外に軽くて美味しい。
ちょっとしたお持たせにいいかも。パッケージのセンスは疑問だが・・・

Belberry (B1) ★★★☆☆
Belberryコンフィチュール(ジャム)自体は、確かに美味しい!
私が購入したプりザーヴ 『マンゴー&パッション・フルーツ』 は
トーストより、ヨーグルトやバニラアイスと共にいただくのがお勧め!
とってもフレッシュな、トロピカル・フルーツの風味がフワ~とひろがり
爽やかなで自然な甘さ。料理に使うのもいいかもしれない。
でも、これもきっと、値段はベルギーの3倍はするんだろうな~。
大切にいただきま~す!

ミッドタウン・ガーデン他には、檜町公園へ続く、ミッドタウン・ガーデンがお勧め。
これが都会のど真ん中か!?と思える開放感。
デリの惣菜でも買って、のんびりピクニックしたくなる気持ち良さだ!

* * *

六本木の場所代を考えれば、当然コスト高になるのは仕方ない事だが
ど~も、自分の中での 『適正価格』 が、やはり味覚を左右してしまう。

一消費者として、単純にその値段に見合った感動を得たい!と、期待
してしまうけれど、その感動にめぐり逢える機会が、なかなか少ない。

でも逆に、めぐり逢えたときの感動はとても大きい!とも、言えるけど(^^)

それと、東京ミッドタウンのコンセプトは 『日本発上陸のお店』
との事だけど、最近の 『日本発上陸』 ブームの中で感じる事は

海外の物が、身近で手に入ることに、勿論、喜びもあるけれど
何でもかんでも、『日本で手に入る』 『日本にある』 っていうのも
ど~なんだろうか・・・? と言うこと。

日本に来ると、全てが 『高級品』 となってしまう点も、やはり
とても残念。それにより、その商品本来の、美味しさや素朴さが半減
してしまう気がしてならないから。

出来れば、『その土地のものはその土地で』 風土に合ったものを
感動しながら、ありがたく頂くことができれば、それが一番だと
つくづく感じてしまう、今日この頃です。


そうそう、帰国していた友人の旦那様(アメリカ人)が
日本には 『ドトール』 や 『無印良品』 など、良いものがあるのに
何故、日本人は 『スタバ』 や 『IKEA』 に行くんだ?

と、強く疑問に感じている様子が、とても印象的でした。

そうだね。とても嬉しいし、その通りなんだけど・・・ねっ(^^;


レシピブログに参加中!  FC2ブログランキングに参加中!   人気blogランキングに参加中!
2007-05-30 [ Wed ]
東京ミッドタウン東京ミッドタウンに移転、新装オープンしたフレンチ・レストラン
『cuisine francaise JJ』 やっと訪れる事が出来ました!

ここも、い~お店ですな~。
(雰囲気を統一した感のある、東京ミッドタウンにある事を除けば・・・)

ここは言わずと知れた、ジョエル・ブリュアン氏のお店。

その前進、南青山の『レストラン・ジョエル』は、余りにも有名だけど
1980年の開店以来ずっと同じ場所で、本場の味を提供し続けて来た名店。

今回の移転に際し、経営会社が変わるため、彼の元で長く勤めて来た
社員の方全員が前者を退職し、彼に付いて来たのだと言う。すごい!


直前予約はいつも満席で、何度かミスしていたけれど、いざっ!

入口から少し廊下を進むと、その先には全面ガラス張りで明るい店内。
以外にこじんまりとした空間ながら、天井が高く狭さを感じさせない
なんとも開放的な雰囲気。至ってシンプルながら、落ち着くインテリア。

スペース的にはまだ余裕があるのに、全20席ほどとゆとりを持たせ
全席禁煙で、程々に行き届いたもてなしに、ことのほか気分が良い!
フフフッ。

テラスには食事を済ませ、しばし豊かな借景を楽しんでいる先客の姿。

常にホールに現れては、テーブルを回り気さくに声を掛け
テラスでは客と共に写真を撮ったりと、とっても自然体のジョエル氏。

なるほどね~!とても質の高いお料理を提供されているにも関わらず
店内には、客をリラックスさせてくれる独特の雰囲気が漂っていて
きっとジョエル氏の人柄の表れだなぁ。常連客も増える訳ですな・・・

お店の方も、伸び伸びとした気持ちの良いサービスをしてくれる。
ちょっぴり頼りなさも感じるけれど、そこはご愛嬌!?
まぁ、こちらとしても、身構える必要がなく好都合と言ったところだ。(笑)


肝心のお料理!

南青山時代に比べ、軽くなった等々、賛否両論色々あるようだけど

重たいフレンチは大好きながら、あまり食べられなくなって来た
私と友人にとっては丁度良く、全てが美味しく大満足のランチでしたよ!

前菜2品、メインは魚か肉から1品づつ選ぶコースと、フルで頂くコース
の2種類に、アミューズ、ワゴン・デザート&コーヒー、プティフールが付く。

帆立のソテー 豆のテリーヌ エスカルゴ

アミューズからして美味!
小さな帆立をソテーし、クリームソースと帆立の下に隠れた
トマトソースで頂く。小さいけど、しっかり味わった!

友人が頼んだ、前菜の数種類の豆のテリーヌもまた、美しいこと!
鮮やかなグリーンに、豆のシャキシャキの食感がなんともタマラナイ!

私のは悩んだ末決めた、エスカルゴときのこソテーのパイ包み。
パイ包みと聞き、昼から重たいかと思ったけれど、ぜ~んぜん軽い!
独特のバターとパセリのソースの風味はあるのに、オリーブオイルのお陰か・・・?

魚のムース 牛肉の煮込み

メインはこれまた悩んだ挙句、魚のムース仕立てオマールエビ(だったか?)
のソース。これはも~、私の大好きな、濃厚な魚介のエキスが詰まった
フィッシュ・スープが、滑らかでコクのある白身魚のムースにソースとして
掛かっているようなもので、美味しくないわけがない、大正解の一品!!

友人のお肉は牛の赤ワイン煮(だったかな???)、シンプルながら
お肉はとっても柔らかく美味しかったけれど、ちょっと後味に
ソースの煮詰まった感が残る気がしたのは、気のせいか・・・?

デザート1 デザート2 マカロン

そして、ワゴン・デセール!
先に訪れた別の友人から、何とデザートは食べ放題!と聞いていた私は
すかさず、「全品を少しづつ!」 とお願いしてしまった・・・(恥)

が、しかし、サーブされてみればお皿一杯にかなりの量!?
一抹の不安を抱えつつ、気付けばあっという間に完食!
そう、以外に軽く、ペロッといただけてしまったのでした・・・(笑)

でも、そのデザートより感動したのが、最後にいただいたマカロン!
私の大好きなモッチモチタイプのメレンゲに、ローズジャムの風味が
贅沢に広がるとっても美味しいマカロン!これはちょっと感動的!!

その後お茶をした、同じく東京ミッドタウンB1のショコラティエ
Jean-Paul Hevin』 のマカロンとチョコが、遠~く霞んでしまったほど・・・

シャンパンしいて挙げるなら、グラス・ワインの種類が少ない事が残念かなぁ。

でも、この日友人がいただいたシャンパン 『LAFOND』 はとっても美味!

『美味しい料理を作るもてなし上手な人は、いい顔をしている』
と言う誰かの言葉を、また納得してしまうシェフに出逢った日でした。

是非、ここのディナーも頂いてみたいな~!


♪ cuisine francaise JJ
http://www.cf-jj.jp/index.html
http://www.tokyo-midtown.com/jp/shop/7/index.html

レシピブログに参加中!  FC2ブログランキングに参加中!   人気blogランキングに参加中!
2007-05-12 [ Sat ]
夫と国立新美術館へ出掛けた日、近くのブーケ・ド・フランスに
予約を入れて、贅沢ランチ♪ 頂いて来ましたよ~。

ここも本当に、美味しいお店ですな!

こじんまりとしたお店ながら、研究熱心なシェフが、自ら厨房で腕を振るい
愛想のいいマダムが、テキパキとホールを一人で切り盛りする。

こう言うお店が一番!!と、最近つくづく思います。

鱒のカルパッチョ ヤンバル豚のポワレ 宮崎産地鶏卵のカスタード・プリン

ここを訪れた時は、下手な背伸びは全く必要なし!

その日のお勧めの食材や料理、それに合わせるワインや、豊富な品揃えの
チーズに至るまで、知識豊富なマダムが独特のセンスで
初心者にも分かりやすく、丁寧に説明してくれるから・・・

それを楽しみに訪れる客も少なくないことは、訪れている人達の会話や
沢山の人達が紹介するブログ (下記参照) からも伺える。

ホタルイカとタブーレのガスパチョ ヤンバル豚の黒胡椒煮込み 生チョコのケーキ

ここで頂きたいのは、何と言っても豚肉料理!

今回頂いた、沖縄ヤンバル豚三枚肉の黒胡椒煮込み、も~絶品♪
この煮込みを味わったら、牛の煮込みが物足りなくなってしまうかも・・・

煮込んだ豚は、適度に歯ごたえも残しつつも柔らかく、旨味もしっかり!
飴色玉葱の甘さに、タップリ使った黒胡椒が絶妙なパンチを効かせていて
文句なしの旨さ!!こ~れは本当に、ヒットでした。

付け合せのポテトも、ホントに美味しい!煮込みを引き立てますな~。

そしてそのメイン料理に負けてないのが、前菜に選んだガスパチョ。
私の大好物だけど、感動したのは、これまた大好きな中近東料理の
タブーレ(クスクスのサラダ)を合わせるアイデア!

そこにボイルしたホタルイカが添えられて、その見事なマッチングには
も~、目から鱗!お皿が真っ白になるくらい、最後の最後まで名残惜しく
味わってしまった・・・出来ればお代わりしたかったな~(^^;
(いや、多分出来るだろうけど・・・)

デザートには生チョコのケーキ。
フレッシュな木苺のソースと、ビターで適度な甘さのチョコが
も~、最後まで私を喜ばせてくれたけれど、これまた単品の品か!?と
思う程の量で、これを完食した後は暫く動けませんでした・・・(^^;

エスプレッソもタイミング良く、お代わりをいただけて、ホントに大満足!!

ただ、この日は少々マダムが忙しそうで、楽しいトークをあまり
聞けなかった事と、ランチから驚く品揃えのチーズを、満腹の余り
いただけなかった事が、唯一心残り・・・

頻繁に通える程お安いお店でもないけれど、でも、また近い内。
そうそう、何かの記念日には是非、ディナーでも訪れてみたいな♪

miuちゃん、ここを教えてくれて、ホントありがとねっ(^^)


click! 拡大■ Bouquet de France (ブーケ・ド・フランス)
港区六本木7-8-19 小林ビル2F
03-3497-1488

<<お店紹介ブログ集>>
□ Cheeseのおいしいお店
http://www.order-cheese.com/res/res04.html
□ Bon Bon! FROMAGE
http://www016.upp.so-net.ne.jp/bonbonfromage/journal/jounal12html.htm
□ ムッシュ江戸川橋の好食日記
http://orangepage.blog.ocn.ne.jp/diary/2006/06/post_e615.html
□ Sinp's World
http://www.sinp.jp/lunch/french/bourqeut/bourq.html
□ Livedoorグルメ
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/652.html
□ Yahoo!グルメ
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000683600/P017186/


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
2007-05-10 [ Thu ]
click! 拡大 click! 拡大 click! 拡大

国立新美術館、行って来ましたよ~!

実はもう何度も行っているのですが
私の中では大好きな美術館の一つとなりそうです。

近未来的で不思議なワクワク感と、スペーシャスで開放感的な心地好さ
を感じられる、とっても素敵な空間!のんびり長居をしたくなる場所です。

建築家は黒川紀章氏。
本業では、国際的で豊かな人間性と、素晴らしい才能を遺憾なく
発揮されたようで、かえって、中途半端に終わらせた都知事選での
不評が悔やまれる次第・・・ でも私は好きですよ、彼。

まぁ、この美術館にしても評判は賛否両論あるようで
確かに東京国際フォーラムと、似ているかもしれないけれど

私としては、なんとなくロンドンのテムズ川沿いの美術館
テイトモダン(だっけ?)を思い出す、海外の雰囲気を感じさせる空間に
ちょっと、嬉しくなったな~!

各展示会場も、途中に休憩スペースやトイレも設けられていて助かります。

最寄駅は幾つかあるけれど、千代田線 乃木坂の駅からは地下で直結。
チケット売場&入口は地上階の為、一旦外に出るものの雨の日も便利。

美術館内へは各展示会場を除き、自由に入ることが出来ますよ。
特に3階の図書室は、とっても落ち着くスペースです!


開催中の 『モネ』 は大回顧展との事で、世界中の美術館から集結した
約100点の作品を一同に、しかも、同じタイトルの作品を一度に何点も
見比べられる機会、しかも、それがこの国内でというのは
キュレーターをしている友人も言う通り、そうそうないと思うな~!!
(特に、睡蓮は一度に9点も同時に見られます!)

既に2度訪れたモネ展は、2度とも超混み!で落ち着いて観られなかった
のが、唯一残念でした。
click! 拡大 click! 拡大 click! 拡大

そして、話題のフレンチ・レストラン 『ポール・ボキューズ』 をはじめ
カフェも各階に設けられ、それぞれの階に合わせ指向が変えられ
どこもちょっと入ってみたくなる雰囲気。

ポール・ボキューズは、現代フランス料理の生みの親
と言われる、彼(ポール・ボキューズ)の世界初出店のブラッスリー!
ランチは予約を取らないため、美術館のオープンと共に長蛇の列!?
GW中は4時間待ちだったとか・・・

私達も折角なので覚悟を決め、列に並ぶこと1時間半!

オペレーションは 『ひらまつ』 とのことだけど
サービスは程よく行き届いていて、安心感があるし
料理もオーソドックスながら、量も充分で安定した美味しさ!
ワインも美味で、待った甲斐はありました。(写真は取り忘れ・・・)

2Fのカフェも、美味しいそうなエクレアやケーキなど
目移りしそうなスウィーツが!?う~っ・・・


昔から、平日の人の少ない美術館や、併設のカフェで
のんびり過ごす時間が大好きな私としては、間違いなくここは
頻繁に訪れてしまいそうな、お気に入りの場所となりそう♪

でも、当分はかなりの混雑が予想されるので、もう少し人気が
落ち着いてから・・・かなぁ~。


♪ 国立新美術館
http://www.nact.jp/index.html
♪ モネ展
http://monet2007.cocolog-nifty.com/blog/
♪ ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ
http://www.hiramatsu.co.jp/restaurants/paulbocuse-musee/index.html


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
2007-04-16 [ Mon ]
すき身丼 clicl! 拡大 clicl! 拡大 海鮮丼 clicl! 拡大

玉川高島屋B1の食品売り場の中にあり、魚屋や肉屋に囲まれた
カウンター6席の小さなイートインで、ちょっと落ち着かないかな~と
行きそびれていたお店。

でも、入ってみれば、以外と大丈夫!
小さいながら、割りにゆったりしていて周りも余り気にならない。

しかも、簡易な感じで丼だけが、ドンッと出てくるのかと思いきや
なんと、気の効いた小鉢に味噌汁、お漬物がセットされていた。

週末の買物途中のランチ、既に2週続けて通ってしまったけれど
うん、やっぱりここ美味しい!!

私のお気に入りは、『期間限定・本まぐろのすき身丼』
やっぱこれでしょ~!!

中落ちは中骨の、すき身は剥いだ皮に残った身をそぎ取ったものとの事。
すき身って、知らなかったな~(恥)

でも、これが旨い!
中落ちに比べ、大トロのように断然脂ののりが良く、甘くてトロ~っとろける感じ!

添えられた、しその実のコリッとした歯ごたえと爽やかな風味
厚みがあり、バリバリと香ばしい海苔との相性が、も~抜群♪

この海苔がまた、細か~く細切りにされていてもしっかり味がして美味!?
尋ねてみたけれど、業務用で市販はしていないとの事・・・残念。

それに忘れてならないのは、付き出しの小鉢、ホタルイカの煮物!
冷めているのに、甘さも控え目でちょ~どいい味付け!?さすがです。

しいて挙げるなら、酢飯。私にはちょっと、酸っぱすぎる気がするかなぁ。
できれば、白いご飯そのままで頂きたいくらい・・・

んっ、でも普通鮮魚の丼物って、酢飯だったっけ・・・?

このすき身丼は1000円。
海鮮丼もボリューム満点で、新鮮で割りに肉厚な刺身が数種類
今旬の、柔らかくて甘いホタルイカのボイルも入って1500円。

海鮮丼

近頃すっかり観光名所化した築地も、結構値上がりしているようだし
暫くは、ここに通ってしまいそうだ。
次回は玉川名物海鮮丼2500円を、奮発しちゃおうかな~♪

+++

そうそう、この中島水産が発行している 『おさかなぶっく』 や
ウェブサイトの 『おさかなくらぶ』、なかなかい~ですよ~!
魚のさばき方や、調理法、レシピなど、便利な情報が入手可。

ご覧あれ~!


♪ 築地中島水産・イートイン(玉川高島屋本館B1 フレッシュマート内)
http://www.takashimaya.co.jp/tamagawa/floor/b01.html 
♪ 『おさかなくらぶ』
http://www.osakana-club.com/shop/top2.go?sd=50983
♪ 『おさかなぶっく』
http://www.nakajimasuisan.co.jp/osakanabook/index.html


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
2007-03-26 [ Mon ]
※ こちらのお店は現在休業中、残念ながら近々閉店の予定との事(2008年12月追記)


ピーマンと白れい茸のマリネ 水牛ボッコチーノ、じゃが芋と生ハムのオーブン焼 詰物をしたマッシュルームのオーブン焼

久々に ヒット!のお店。南青山のイタリアン 『リストランテ・ジロモンド』

実は、お料理教室の先生の旦那様がプロデュースするお店。
まだオープン後間もなく、余り大々的に宣伝をしていないと言う。

ちょっと行ってみる?と、軽い気持ちで、教室の新旧メンバー6名で予約。

正直、あまり期待はしていなかった・・・m(__)m
東京の流行のレストランは、期待外れでガッカリすることも多い。
ところが、この日は久々に『美味しい~!』を連発することに!?

+++

路地に面した入り口側は全面ガラス張りで、天井も高く開放的でモダンな店内。
少し高さのあるオープンキッチンには、真剣な面持ちで料理をするシェフの姿が。

前菜、自家製パスタ、メイン、デザートまで、合わせて12品程頂いただろうか・・・
どれも皆、それぞれに美味だが、でも特に感動したのは、パスタ。
勿論、自家製の手打ちパスタは、モッチモチで、茹で加減もパーフェクト!

カバッテリ イカ墨タリオリーニ タリアテッレ

* カバテッリには、色々な野菜のソース
* イカ墨のタリオリーニには、タップリの魚介とその旨味のソース
* タリアテッレには、ポルチーニのソースをトマト風味で
* 南瓜のニョッキには、濃厚なマスカルポーネとゴルゴンゾーラのソース

どれもパスタにピッタリで、しっかり絡まり合って・・・
2品を追加で注文しても、あっという間になくなってしまう!
思わずパンもオーダーし、お皿に残ったソースをもキレ~に平らげた程だ。

このところ、まるで評論家のごとく、辛口コメントを連発していた私も
この日ばかりは感服!!(って、アンタは何者だよ!)

途中、テーブルに来てくれたシェフのマルコ氏も自信満々で
どこか得意顔だった・・・(?)
どうやら、余り宣伝をしていないのは、彼の希望らしい。

本当に美味しい店と言うのは、口コミだけでも充分人気が出るのが常だが
彼にそんな余裕を感じたのは、私だけではないはず。(だよね?)

舌の肥えた(?)他のメンバーも、皆一様にご満悦で
数種類のワインも入り、とても楽しい時間を過ごす事ができた。

ポーションは日本的に程々で、決してお安い値段でもないけれど
サービスも程よく行き届き、充分満足できるお店。

近い内、また来よ~っと!


色々と、ワガママをお願いしましたが、美味しかったです。
マリオさんはじめ、お店の皆様、ありがとうございました♪


♪ Ristorante Giromondo
http://www.sweet-style.net
東京都港区南青山2-17-6 Reve南青山1F
03-5770-8388


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
2007-03-11 [ Sun ]
帆立 click! 拡大 マグロ click! 拡大 チョコ click! 拡大

日本ではなかなか手に入らない、野菜やフルーツ、ハーブをタップリと使った
フレッシュでオリジナリティ溢れる、モダン・オーストラリア料理。

Sydneyには、魅力的なモダン・オーストラリア料理を提供するレストランが多いが
そのSydneyの有名人気店、『Salt』が、現在建設中の“新丸の内ビル”に
オープンするとの情報をキャッチ!

『Salt』は、料理本も出版しているスターシェフ、ルーク・マンガン氏のお店。
フレンチベースのモダン・オーストラリアンのレストランだ。

以前、姉妹店の『Bistro・LuLu』にディナーに訪れた事があるが、気取らない雰囲気の中
しっかりとしたフレンチのベースに、斬新さが旨く調和した料理に、大満足したものだ。

日本では、彼の右腕として10年間共に働いたシャノン・ビニー氏が、腕を振るうらしい。

そして、その試験的なお店『Test Kitchen』が、既に3月末までの期間限定で
オープンしていると知り、早速ランチの予約。

+++

お店の場所は三軒茶屋。
以前はイタリアンだったと言うお店を、そのまま使用しているらしい
こじんまりとした明るい店内。

ランチ・メニューは、前菜、メインの各4品の中から選ぶプリ・フィックス。
それにスープにパン、デザートとコーヒーが付いて3,500円

丁寧な説明を聞くと、どれも魅力的で捨てがたい・・・

取り合えず、ここは、余り日本風にアレンジされてなさそうな品を選ぶ。

まずは、スープから。

デミカップでサーブされた、濃厚なブイヤベース!
NYのフレンチ・ビストロでハマった、フィッシュ・スープを思い出し久し振りに感動した!

でもきっと、日本人にはこれがギリギリなんだろうな・・・
あまり、東京では味わう事のできない濃厚さだ。

前菜 鴨

前菜は、鴨料理
一方はローストし柚子のトッピング、もう一方はベーコンを巻いてソテーと
2種類の調理法の鴨に、紅大根や貝割れなどシャイっと歯ごたえのあるの付け合せ。

これは美味しかった。

ローストもとってもジューシーで柚子が効いGood!ソテーもベーコンの塩気が効いて
これまたGood!付け合せとのバランスも良く、一番印象的な一品だった。

メイン 鹿

続いてメインは、鹿料理。
歯ごたえあるオーストラリアの鹿肉を、砂糖と塩半々で“キュレ”し
柔らかくジューシーにしたというだけあり、お肉自体はとても美味しい。

ソースは、カカオ75%のチョコレートとチリを使用と聞き、少々甘さを期待していたが
んっ?チョコはどこに・・・ やはり、若干甘さが欲しいところ。
添えてある金柑のシロップ漬けを潰し、ソースに混ぜ合わせると丁度いいかもしれない。

デザート ムース

最後にデザート。

白ワインのムースに、苺とイチジクのゼリーの爽やかなトライフル。
量的にも充分!大好きなイチジクと苺の果肉も入ったゼリーもGood!
後味に白ワインが香る、ムースはなかなか面白い!

スポンジにラム酒を浸し、カスタード&ホイップたっぷりのトライフルもいいけど
食事の後は、こんな爽やかで軽いトライフル、いいアイデアかも!!

+++

日本の素材に慣れるためのテスト・キッチンとの事で、ん~、多少
味にバラつきを感じるものの、総合的には、まぁ楽しめるのではないだろうか。

4月27日オープンの『Salt』に期待が高まる。

そして、その『Salt』と隣接して、同時オープンとなる『W.W.』
同じくルーク・マンガン氏が監修し、世界最大級の品揃えのワインバーとの事だが
ど~んなお店になるのか、興味津々!!

以前訪れたSydneyで、オーストラリア産のソーヴィニヨン・ブランは何より香りが豊かで
芳醇でとても美味しいく、モダン・オーストラリア料理にはピッタリだと感じたものだが

今回頂いたソーヴィニヨンも、とっても香りが豊かで何とも芳醇な味わい!
いつまでも、その爽やかな余韻が続き、とても幸せな気分だった♪

来月のオープンが、とても楽しみな2店舗だ。


♪ Test Kitchen
http://www.pjgroup.jp/tk/index.html
東京都世田谷区三軒茶屋2-10-1 1F
Tel : 03-3413-8828
※3月末までの営業。ランチは金・土・日の3日間のみ。


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!

 | HOME | 

PROFILE

Lee

Author:Lee
+ + +
Real Lee * Bites へようこそ
旅・食・住を中心に
心の趣くまま、気の向くまま
マイペースで更新中
どうぞ宜しく

+ + LINKS + +

Tumblr

Lee * way

Shop * Lee Bites

CATEGORY

  • About Me (3)
  • Cooking * Bites (34)
  • Food * Bites (7)
  • Kitchen * Bites (5)
  • Tokyo * Bites (19)
  • New York * Bites (10)
  • Sydney * Bites (7)
  • London * Bites (0)
  • Karuizawa * Bites (14)
  • Hokkaido * Bites (1)
  • Kyoto * Bites (0)
  • Other Places * Bites (1)
  • Books for Cooks * En (6)
  • Books for Cooks * Ja (7)
  • BGM for Cooking (2)
  • Others (10)

RECENT POSTS & COMMENTS

PREVIOUS POSTS

* 全タイトルを一覧表示

COUNTER

SEARCH

Real Lee * Bites 内検索

MAIL

Real Lee * Bitesへの
ご意見・ご感想、お問い合せは
下記フォームより送信下さい。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

TWITTER

FAVORITES

FAVORITES

RANKING

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。