Real Lee * Bites

目指すは、“元気になる・幸せになる料理”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-11 [ Thu ]
       ストウブ鍋 1

このところ、も~、手放せなくなっているのが Staub の鍋

手の込んだフレンチやオーブン料理に限らず、
ごはん炊きから煮物、鍋物、炒め物、ジャム作りに至るまで
かなりの頻度で酷使し、日々愛用しているわけであります。

その内ホウロウが剥がれて来たりして...!?


ストウブは、いわゆるホウロウ引き(黒マットエマイユ加工)した分厚い鋳鉄製鍋。

同じく鋳鉄製鍋で有名なル・クルーゼとの違いは、何と言っても
蓋の内側に施されたピコ(丸突起)による『セルフ・ベイスティング システム』

こ~れが、素材の旨味を含んだ蒸気を自動的に循環し
素材の良さを活かしつつ、料理をジューシーに仕上げてくれるんですな~!

そして

従来のホウロウ加工とは異なる『黒マットエマイユ加工』

この、表面がザラザラしている加工により
油の細かい粒子が鋳鉄に馴染みやすく、焦げ付きにくいと言う点。

詳しくは、下記:公式サイトを参照くださいませ!

 □ ピコ・ココット 5つの特徴
   http://www.staub.jp/about/about.html
 □ セルフ・ベイスティング・システム
   http://www.staub.jp/about/about3.html


かなり重たいけれど、その分、熱伝導性と保温性が高く、経済的でエコ!
まるで陶磁器のような表情や、渋い色合いが揃うのも魅力の一つ!!

煮込みなら圧力鍋のほうが...と、おっしゃる方も多いかと思う。
確かに、時間が短縮できて忙しい時には便利だけれど
その風貌がゆえか、なぜか、昔からあまり興味がない...

でも、このストウブも短い時間で何でも美味しくできる優れもの!
まさに万能選手。

まぁそんなこんなで、私としては断然ストウブ派!な訳であります。


難点はと言えば、やはり高価なお値段...

定価ではとても手が出せない我家は勿論、“楽天”をフル活用。

日頃から、ポイントをちまちま貯めつつ数店舗をチェックし
40~45%OFFの激安放出時を狙って、少しづつ買い揃えておりまする(^^;

夢は、キッチンの一角に積み上げたストウブのタワー♪
パテや丸魚料理用にオーバルも揃えたいっ!

でも、

そろそろ打ち止め...かなぁ...
プロの料理人な訳でもあるまいし....(/_;)


ストウブ鍋 2

◆ 玄米ごはんの炊き方:ストウブ鍋(ラウンド20cm)使用

1:玄米(2~3分づきくらいに精米するのがお勧め)3合(540cc)
  を軽くとぐ。
2:鍋に米を移し、水4合 (720cc)に浸す。
3:蓋をして30分程そのまま置いておく。
4:炊く。まずは強火に掛ける。
  ぐつぐつ音がして軽く蒸気を吹き始めたら、極弱火~弱火にして20分。
  (弱火の加減は、吹きこぼれないことが目安)
5:最後に中火~強火で1分程、蒸気(水分)をある程度飛ばす。
6:火を止め、そのまましばらく蒸らす(最低10分)。

ポイントは、強火に掛けてから約10~13分後、
ぐつぐつ音がし始めたら吹きこぼれる前に弱火にする事!

そうそう、玄米の場合も浸水は30分程度で十分だと思う。
それ以上浸けておくと、かえって臭みが残る気がします。


以前紹介した“おひつ炊飯鍋”より、より美味しく炊けとります♪
お試しあれ。


ストウブ鍋 3 



  ■ Staub JP Official Site
    http://www.staub.jp/







レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
スポンサーサイト
2009-06-17 [ Wed ]
ベランダガーデン 3 ベランダガーデニング 1 ベランダガーデン 2

なんだか最近やる気がない
どこかに出掛ける気力もなし

きっと、どんより重たい天気のせい・・・


唯一の楽しみは、ベランダ・ガーデニング。

毎日、気が向くと話しかけている
枝の絡まりをほどき、葉の一枚一枚をなでてみる

お陰様で、我家のハーブ達はすこぶる元気!

ふぉわ~っと、い~香りがして

癒されるわ~♪


まぁ結局は、食べちゃうんだけどさ・・・

でも、

すっごくフレッシュで美味しいのよ~!

トマトのサラダ


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中! 
2009-03-22 [ Sun ]
NYに行ったら探してみよ~!と思っていたのが

ナポリ式コーヒーメーカー、Napoletane (ナポレターナ)

ありましたよ~!Zabar's(ゼイバーズ)の2階に。

さっすが、Zabar's!

キッチン用品やキッチン家電など、ここへ行けば
欲しい物はほぼ見つかる程の品揃えで、私も大好きなお店の一つ。

そこで見付けたのが、ILSA(イルサ)社製のステンレスタイプ。
シンプルなデザインで、1、3、6杯用の3サイズがラインナップ。

ナポレターナ 1
*ナポレターナ(ILSA

ナポリ式コーヒーメーカーとは、直火タイプのドリップ式コーヒーメーカー。

日本でもすっかりお馴染みの、蒸気圧で下から上へと抽出するタイプの
マキネッタ=直火式エスプレッソメーカーと、見た目は似ているけれど
このナポレターナは、上から下へ重力で落とす、いわゆるドリップ式で
その抽出方法に違いがある。

マキネッタ 1 マキネッタ 2
*マキネッタ(GIANNINA

しかも、

ドリップ式ながらペーパーフィルターは必要なく、しかも
マキネッタのように、ゴムパッキンなどの消耗品も必要ないため
アウトドアでも重宝する、便利でエコな優れもの!

なんでも、

発祥地イタリアのナポリ地方では、古くから伝わるスタイルらしく
『イタリアでは、“コーヒーと言えばナポリ式!”と言われるくらい
人々に愛用されている・・・』と、以前、何かで読んだ記憶があり

それ以来、ず~っと気になっていたのだ。

イタリア料理教室の先生(ご主人はナポリ出身のイタリア人)宅にも
大中小と3サイズ揃ったナポレターナが、ちゃ~んとありました!

でも、東京ではそれ自体をあまり見かけないし、
ネットで見付けても、案の定、高価な代物と化している・・・

ナポレターナ 7 ナポレターナ 6 ナポレターナ 5
ナポレターナ 4 ナポレターナ 3 ナポレターナ 2
ナポレターナ 1 ナポレターナ 8 ナポレターナ 9

そしてもう一点、

私が興味を持ったのは、その特徴的な仕様。

下から順に、ボイラー、フィルター、フィルターカバー、サーバーとなり
ボイラーに水を注ぎ、フィルターにコーヒーを入れ、フィルターカバーをして
最後にサーバーをかぶせ、五徳に乗せて直火に掛ける。

沸騰するまでの間に、徐々にコーヒーが蒸らされてコクと香りが
引き出されるといった、いたってシンプルな仕組み。

でも、お楽しみはその後!?

沸騰したら、火を止め、上下をクルッとひっくり返す(=ドリップ)のだ!

熱湯が蒸気と共に吹き出たり、こぼれたりしないよう
タイミング良くひっくり返すには、ちょっと、コツが要るけれど

ドリップを待つ数分、部屋中にコーヒーのい~香りが広がって
コーヒー好きにはなんとも、堪らないひととき♪となる。

自分好みの味に淹れるには、コーヒー(粉)や水の量、
火加減なども、何度か試して体得する必要はあるけれど
その行程も、また、楽しい♪

何よりも、

ペーパーフィルターを使用しないため、フレンチプレス同様
コーヒー豆の旨味成分を含む“油脂分”を、濾過する事なく
そのまま抽出できるため、コク深く濃厚ながらもまろやかさがあり
その豆本来の味をダイレクトに楽しめるのだ!!

しかも、蒸らされてコーヒー豆(粉)が膨らむため、
以外にもフィルターの穴から、粉が一緒に落ちることはない。

そうそう、

マキネッタもナポレターナも、アルミ製が主流。
ステンレス製は、そのコーヒーの“油脂分”と金属が馴染むまでに
時間が掛かるのものらしく、苦味が強く出る傾向にあるのだとか。

なんでも、ナポリのカフェ好きの間では
“ナポレターナはアルミ製!!”と言うのが常識らしく
ステンレス製にない、深~い味わいが出るらしいのだが、

わざわざステンレス製を選んで購入したのは

アルミ製の調理器具を使用することで、アルツハイマー病の発症を
助長すると言われている問題が、やはりちょっと、気になるため。

でもまぁ、

マキネッタもナポレターナも、内側のフィルター部分はアルミ製な訳で・・・

まぁまぁ。

ステンレス製ながら、値段も$50以下と手頃だったし
シンプルなデザインも望むところ!
慣れてしまえば意外に便利で、手入れも簡単!!だ。

時間がない朝は、手軽にフィルター式のコーヒーメーカー。
余裕のある時は、ナポレターナ。
休日には気分を変えて、マキネッタでカプチーノ。

と、その時々で使い分け、違いを楽しむ幅がまた一つ増え

満足・満足!

使い込む程に『味』が出る過程を、楽しみたいと思います!


強いて言うならば、せめてもう一つ上のサイズにすれば良かったなぁ・・・

私の場合、レギュラーコーヒーはいつも、大きなカップにタップリ淹れるので
一番小さいサイズは、少々小さすぎた。

ん~、もう一つ上のサイズ、欲し~かもっ!!


ナポレターナ 10


<<ナポレターナに関する参考サイト>>
■ Caffettiera Espresso
http://caffettiera-espresso.com/f_napoletana.htm
■ Viaggio al Mondo
http://blog.kahoku.co.jp/shokuweb/vam/2008/03/post_40.html


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!
2008-02-09 [ Sat ]
新年明けてすぐのこと、
我家の炊飯器の様子がなにやらおかしい・・・

今から5~6年前に購入した、無印良品の “ジャー炊飯器”。

無印良品・ジャー炊飯 1 無印良品・ジャー炊飯 2

当初、内蓋が取り外しできず、直接洗えないことが
かなり気になってはいたものの、
デザインのシンプルさには勝てず、買ってしまったもの。

でも炊飯に関しては、我家は玄米食にも拘らず
なかなか良い仕事をしてくれていたのだけれど

やはり無印製品!?(へへッ、失礼!)

例え白米であっても、炊飯中の吹きこぼれがひどく
使用後に内蓋を洗わずにはいられない・・・
(ひょっとして、不良品だったのか・・・?)

そこで、性格が大雑把な私は、本体を逆さにして
内蓋の部分を直接洗っていたのでした。

まぁ、いつかこうなるかも・・・と思いつつ。

案の定、今年に入ったある日、炊き上がったご飯に
なにやら茶色い焦げ汁、又は錆汁のようなシミが!?
蒸気口から漏れておりました。

* * *

と言うわけで、日々使うものだし困った!

と思っていたら、そう、数年前の土鍋炊きブーム(?)
につられて購入した、炊飯用の土鍋があることを思い出し
早速、引っ張り出してみる。

決して特別な土鍋と言うわけでなく
私の部屋』 の半額セールで購入したお値打ち物。

しいて言えば、これも形がシンプルなことと
『おひつ炊飯鍋』 というネーミングのとおり
このままおひつにもなる!と言うところが魅力だった。

おひつ炊飯鍋 1 おひつ炊飯鍋 2

当時、数回使ってみたものの、これまた吹きこぼれがひどく
後片付けが面倒と言うことと、炊くタイミングが狂うと
夕飯時にガス口が足りなくなるため、使わなくなっていたもの。

でも久し振りに、使い方をよく読んで玄米を炊いてみると

ん~、なかなかい~んじゃない!?

お米の一粒々が、いつもよりプクッとふっくらした感じで
旦那にも好評のようでした♪

吹きこぼれも、火加減を気をつけてさえいれば
極少量に抑える事ができると気付いた!

使いこなすうちに、硬め・柔らかめ、お焦げあり・なし
などなど、炊き上がりの状態を調節することも
美味しく炊けるコツのようなことも、それなりに掴めて来る。

毎日のご飯炊きが、ちょっと楽しくなって来たかも♪

ちょうど今月から、旦那のお弁当作りを再開したところで
ご飯も毎日炊く必要が出来たわけで、タイミング良し!

なにより “家にあるものをちゃんと使う!” と言う事で
今後は当分、この “おひつ鍋” にお世話になる事に。

と、その矢先・・・

お米を切らし、いつものお米屋さんに買いに行った際
前から気になっていた、“米研ぎ専用ボウル”
その名も 『米スターボウル』 が、また目に付いた。

我家のお米は、玉川高島屋B1の 『スズノブ』 さんで
『無農薬 秋田神代じゃんご米』 を2分づきにしてもらった
ほぼ玄米に近い状態のもの。

精米を待つ間、じ~っと “ボウル” を見つめる私に
いつも感じが良く商売上手のお店の方が、すかさず

「これ、い~ですよ~!これでとぐとぬかが旨く取れるから
ご飯が美味しくなるんですよ~!」

「お客さんにも評判良くて、でももう生産中止なんです~!
素材のステンレスの価格が上がる関係で・・・」

え~っ、そ~なのぉ!?
そっかぁ~、う~ん・・・

米 米スターボウル 2

買ってしまいました。私とした事が・・・

ボウルにしては結構なお値段!?
今まで “この手” の物は決して買う事はなかったのに。

しかもボウルの底には、滑り止めに真っ赤!?な
シリコン・ゴムが施されている。

調理道具にして、私の最も嫌いなもの、それはカラフル!

でも、買ってしまった以上使わなければと
早速、帰って使ってみたところ、

なんと、本当にぬかの浮きがいつもと違う!?

内側の底に、ブツブツとした突起があるので
教えていただいた通り、軽くかき混ぜる程度のとぎ方しか
していないのに、なんだか期待が持てそう!

早速、例の “おひつ鍋” で炊いてみると
確かに、お米の甘味をいつもより感じるかもしれない。

あらま、今までのは何だったの?

確かに、ここでいただくお米自体が元々美味しいため
特に炊き方にこだわらなくても、大して問題はなかった。

でも正直、あまり気にしていなかった・・・

ここ数日の諸々を通し、
改めて、お米の奥深さを感じた次第。

これを機に、毎日一番口にする主食のお米・ご飯について
もう少し、興味を持ってみようと思います。


【おひつ炊飯鍋】でのお米の炊き方 (玄米:2合)
1 :米を研ぐ
  ぬかの臭を吸収させないよう手早く、力は入れず
  かき混ぜるように何度かすすぐ要領で。
2 :鍋に移し水を注ぐ
  玄米・2合(カップ2杯)に対し、水・カップ3杯分  
3 :浸す
  軽く蓋をして、最低30分~2時間程度(米の種類により)
4 :炊く
  最初は強火で加熱し、沸騰したらとろ火にし加熱。
  13分程して、水蒸気が落ち着いて来たら
  最後に2分程中強火にし、残った水分を飛ばす。
  (お焦げが作りたい場合は少し長めの3~4分程)
5 :蒸らす
  火を止め、そのまま10~15分ほど蒸らす。
  その後、一度全体を軽く切るようにかき混ぜて
  出来上がり!


■ 無印良品
http://www.muji.net/
■ 私の部屋
http://www.watashinoheya.co.jp/
■ スズノブ
http://www.suzunobu.com/index.htm


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中! 
2007-04-13 [ Fri ]
毎回、い~タイミングで送られて来る『IKEA FAMILY』の会報誌やメルマガ。

この会報誌、市販の下手なインテリア雑誌より、全然面白い!
各国のIKEAファンのお宅や生活を写真で紹介したり、新商品や
季節に合わせた商品の紹介など、インテリア好きの心をクスグル内容満載♪

『夏には夏のキャンドル!?』 そっかぁ~、な~んだ、行かなきゃな~!

click! 拡大  click! 拡大

IKEAの日本再上陸は、予想を上回る大人気振りで
ホントに、何度行ってもビックリするほどの大混雑!?

特に土日祭日は、混雑回避のための入場制限が設けられ
当然のごとく、各階の入口には長蛇の列だ!

既に知られている通り、海外の主要都市ではとてもポピュラーで
Nice!なインテリア作りには、欠かせない存在となっているIKEA。

私もNYにいた頃は、週末の無料送迎バス(マンハッタン⇔NJエリザベス店)
の乗場で友達と待ち合わせ、何度となく早朝からコーヒー片手に
長蛇の列に並んだものだが

肝心の規格も、海外仕様=ビッグサイズのままの商品構成で
狭小日本でここまでIKEA人気が定着するとは、正直思ってもいなかった。

とは言え、かく言う私も、船橋店、港北店がオープンして以来
既に何度も訪れては、なんやかんや買い込んで手ぶらで帰ることは
まずないわけで、まぁ、『考える事は皆同じ』 と言う事かもしれないけど・・・

戦利品1 click! 拡大 戦利品2 click! 拡大 戦利品3 click! 拡大

我家を見渡せば、一体どれ程のIKEA製品があるだろうか・・・
家具のほとんどは、アメリカから持ち帰ったIKEAのもの。
そうでなければ、きっと無印良品のものだ。

インテリアでも雑貨でも、良い物を使い込んで独特の風合いが出たものは
とても素晴らしいし、勿論憧れだけど、性格が雑でそそっかしい私の場合
それは全く無駄な投資。加えて飽きっぽいと来れば、も~。

それに、余りにデザインされすぎた、キッチリカッチリした物も苦手。

それでも、やはり最低限に好みは追求したいわけで・・・
そんなワガママを、サラッと満たしてくれるのが、IKEAなのだ!

安っぽいといえばそう。失敗した~!と思うこともたまにはある。

最大のリスクは家具。

組み立てる際、寸法の微妙なズレはざら!?
それでも返品交換には、わざわざまた店頭まで持って行かなければならず
何度泣きを見たことかわからない・・・

腹立たしさから、金槌で鉄パイプを力の限りたたきネジ穴を合わせた
$300のソファーベットは7年経った今も、海を越え我家に健在だ!

何だか知らない内に、愛着すら湧いていたりする・・・(涙)
まぁ、そんなものだ。

何より、海外のテイストを手頃な価格で取り入れることができ
そしてお店で過ごす、ちょっぴり擬似海外気分の楽しい時間!

第三京浜を使えば、港北店へは自宅から15~20分程で行けると分かり
これまた、IKEAが身近になってしまったわけで・・・エへッ

これからも、宜しく頼むよ、IKEAくん!!


♪IKEA Japan
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/local_home/funabashi.html


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!

 | HOME | 

PROFILE

Lee

Author:Lee
+ + +
Real Lee * Bites へようこそ
旅・食・住を中心に
心の趣くまま、気の向くまま
マイペースで更新中
どうぞ宜しく

+ + LINKS + +

Tumblr

Lee * way

Shop * Lee Bites

CATEGORY

  • About Me (3)
  • Cooking * Bites (34)
  • Food * Bites (7)
  • Kitchen * Bites (5)
  • Tokyo * Bites (19)
  • New York * Bites (10)
  • Sydney * Bites (7)
  • London * Bites (0)
  • Karuizawa * Bites (14)
  • Hokkaido * Bites (1)
  • Kyoto * Bites (0)
  • Other Places * Bites (1)
  • Books for Cooks * En (6)
  • Books for Cooks * Ja (7)
  • BGM for Cooking (2)
  • Others (10)

RECENT POSTS & COMMENTS

PREVIOUS POSTS

* 全タイトルを一覧表示

COUNTER

SEARCH

Real Lee * Bites 内検索

MAIL

Real Lee * Bitesへの
ご意見・ご感想、お問い合せは
下記フォームより送信下さい。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

TWITTER

FAVORITES

FAVORITES

RANKING

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。