Real Lee * Bites

目指すは、“元気になる・幸せになる料理”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-25 [ Tue ]
Elle a table (エル・ア・ターブル) 2008年 01月号 [雑誌]Elle a table (エル・ア・ターブル) 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/01)
不明

商品詳細を見る


Elle a table (エル・ア・ターブル) 2008年 01月号、
書店で手に取り、思わず購入してしまった!

その訳は、

『Travel in London - フーディーズのロンドン案内』
と題された、ロンドン特集!

ロンドンのフード雑誌で活躍するエディター達が紹介する
とっておきのレストラン・カフェ情報だなんて

これは見ない訳にはいかないわっ♪

* * *

その中には、私も気になっていた女性シェフ
Skye Gyngell (スカイ・ギニエル) のお店

リッチモンドの “Petersham Nurseries Cafe

も紹介されていた!?

彼女のレシピ本 “A year in my Kitchen” は
お気に入りの一冊。

写真やデザインも、どこかノスタルジックで独特な雰囲気。
見ているだけでも、充分幸せな気分にさせてくれるけれど

やはり、

彼女の豊富な経験と感性から生み出された、独自の
“toolbox” をベースにしたレシピの数々は、とっても魅力的!

一年を通し、地場の旬の素材に愛情を感じながら、
常にそれらを生かす料理を考えている彼女の姿勢や

新鮮な野菜やハーブ使いのアレンジや、様々なソースの
レシピなどを惜し気なく紹介してくれていて、とっても参考になる。

雑誌によると、マドンナのプライベート・シェフを勤めた経験もあり
今やロンドンでも、最も人気の店のひとつだとか・・・

女性らしく温もりを感じる、見た目にも嬉しくなる彼女の料理♪

私も近い内に、是非、お店でいただいてみたい!


そして、もうひとつ

『人気料理家のレシピが生まれる場所 -
イーストロンドン、アラスター・ヘンディの家』 と題された特集。

Alastair Hendy (アラスター・ヘンディ)は、
イギリスを代表するフード・ライターであり、フォトグラファー、
トラベル・ライターでもある。

彼の自宅キッチンは、多くの雑誌やインテリア本でも
紹介されていて、見覚えがある人も多い事だと思うけれど

どこかラボのような、男性的で業務仕様の本格的なスペースは
私も憧れるところ!!

ホント、

こんなキッチンでなら、貪欲にどんな料理でも調理可能だろうし
美味しいレシピもどんどん増えることだろうな~。

思うに、

イギリスやオーストラリアのシェフや料理家には、その料理も
さることながら、自宅キッチンやキッチン・ツール、インテリアなども含めた
自身のライフ・スタイルにも、とても魅力を感じる人が多い気がするのだが・・・

まぁ、単に私の好み・・・なのかもしれないけれど。

ともあれ、近頃何だか、益々楽しく美味しそうな LONDON♪

行きたいっ!行かないと!!


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中! 
2007-12-21 [ Fri ]
洋梨のパイ

大きな洋梨が2つ。
もうそろそろ食べないと傷んじゃうな~。

と言うわけで、久々にパイを焼くことに。

一口にパイと言えども、レシピは様々。

本棚の前に座り込んで、何冊も料理本をめくりながら
レシピを考え過ごす時間、これが一番楽しい♪

* * *

今回は、古い雑誌の切抜きの中から見つけた
山本麗子さんの “薄切りりんごのスクエアパイ” のレシピを
洋梨とアーモンド・プードルを使って、少々アレンジ。

フードプロセッサーを使った、簡単で美味しいパイ生地
なんだけど、んー、どう考えてもバターの分量が多いような・・・

でもまぁ、久し振りだし出来るだけレシピに忠実に進める。

んーーー!?

最後に振り掛ける砂糖の分量も、驚きの量!

これはちょっと・・・

トップに散らすバターの分量共々、さすがに減らす事に。
私の感覚で使用した砂糖は、結局レシピの半分量以下!?

まぁ、確かに洋梨の場合、糖度も水分もりんごに比べれば
かなり高いので、特に多く感じたのかもしれないけれど

でもやっぱり、サクサクと美味しいパイや焼き菓子には
バターと砂糖をタップリ使うのが決め手と言うところだろうか・・・

う~~~ん、ちょっとビックリ!?

焼きあがったパイの香りは、お陰でとっても良いけれど
案の定、バターの量が多すぎて、ん~、胃がもたれそう・・・

砂糖も、減らして大正解!

洋梨のパイ 1 洋梨のパイ 3 洋梨のパイ 2

それにしても、形になる前のその材料(分量)を
改めて目の当たりにすると、

毎日当たり前のように、夕食後のデザートを
食べている場合じゃないな~!

と、ちょっぴり恐怖心にも似た感覚を覚える。

甘いもの好きの我家、もうそれ程若いわけでもなく
せめて、今後は出来るだけ糖分とカロリーを控え目にし
極力自分で作る必要性を、ひしひしと感じた次第です。

そして、食べた分はキッチリ消化する!

寒くなってサボリがちなピラテス、ん~、夫も連れて

行くべし!!


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中! 
2007-12-14 [ Fri ]
2泊3日の軽井沢。

朝はホテルのモーニング、昼はスペシャルなランチを
美味しいくいただき、他にも、ここでしか味わえないものを
連日たっぷり味わった私達。

はっきり言って、食べ過ぎです・・・

でも、私達夫婦の楽しみは、食べる事と旅行くらい。

神様、ど~かこの贅沢に、お許しをっ!

* * *

軽井沢の夜は早くて、うかうかしていると
夕飯を食べ損ねる。

普段、夕飯の時間が遅い我家は、そんなに早い
時間にはお腹がすかない。
(ましてや、ここでは常に何か間食している状態!?)

どこか比較的遅くまでやっていて、良いお店はないか・・・

ありました!

旧軽ロータリーすぐの、『酢重

向かいにある、お味噌屋さん 『酢重正之商店』 が
今年の春にオープンさせたレストラン。

実はここ、オープン以来人気なのは聞いていたけれど
定食屋 or 居酒屋的メニューなのに、結構なお値段!?で
我家はちょっと、敬遠していたのです。ヘヘッ。

それと、以前そのお味噌屋さんの方で購入した
味噌漬けセットが、私にとっては今一つ・・・(しょっぱすぎ!)
だったのがもう一つ、足が遠のいた理由。

しかし今回、 “なにか軽くお腹に入れておきたい” と
夜の7時過ぎに、フラッと旧軽銀座辺りに出掛けてみると

辺りはシ~ンと暗くて寒い中、落ち着いた雰囲気の店内が
ダウン・ライトに照らされて、ぽわ~んと暖かそうな印象で
つい、誘われるように入店した次第。

1階は全席禁煙なのも、私達にはありがたかった!

お店の方も、とても感じの良い方ばかり。

そしてお料理。

軽めのものを、とオーダーしたお豆腐やサラダが
ことのほか美味しくて、ついつい追加してしまった・・・

信州産すくい豆腐と薬味の盛り合わせ

お勧めの一品は、“信州産すくい豆腐と薬味の盛り合わせ”
その “薄青浸し豆” で作られた濃厚なお豆腐もさることながら

薬味の “醤油豆” が、気に入った!

醤油豆は、香川県の郷土料理でもあるらしいけれど (by Wikipedia) 

何でも、醤油豆の原料は大豆を蒸して麹に漬けた豆麹を使い
造られるそうで、味付けは各地域により様々。

ここのそれは、独自の味付けをした秘伝のタレに、
信州西山産の大豆を漬け込み、一年以上じっくり低温熟成
させた一品なんだとか・・・フムフム

確かに、冷奴、お酒の肴、炊き立てのご飯のお供などには
ピッタリ!な感じ。(※少々しょっぱいので、少量使いがお勧め。)

もろきゅうの “諸味好き” な私には、とっても嬉しい一品でした。

帰りに早速、向かいのお味噌屋さんで、黒豆・白豆漬け共に
購入してしまった次第。

酢重 高原野菜と豆のサラダ 酢重 鳥の味噌漬けの炭火焼 酢重 お茶漬けセット

その他にも、美味しい信州産の高原野菜と豆を使ったサラダ、
鳥の味噌漬けを炭火焼したものなど、どれも美味しくいただきました♪

最後には、銅釜で炊いた自慢のご飯に
野沢菜漬けの付いた、お茶漬けセットで締め。

満足・満腹、ごちそうさま!

そして、翌日もまたお邪魔してしまったのでした・・・

酢重 軽井沢 5


※ 営業時間は11:00~21:00 (年末年始も営業とのこと)

※ 酢重行正商店の醤油豆ほか、お味噌、お豆など、
  下記サイトからも購入可ですよん!

※ そうそう、東京の新丸の内ビルにもここのダイニングが   
  入っているみたい。知ってました?


■ 酢重正之 公式サイト
http://www.suju-masayuki.com/
■ 酢重ダイニング 新丸ビル (by ぐるなび)
http://r.gnavi.co.jp/a634240/


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中! 
2007-12-12 [ Wed ]
11月21日は私達夫婦の結婚記念日♪

思えば、随分長く苦楽を共にして来たわけで・・・

これまで本当に色々な事があったけれど、何とか乗り越え
今、改めて振り返ってみれば、どれも良い想い出。

いやホント、全ては “今となれば・・・” と、言う事ですな~(^^;


じゃ~ここはひとつ、お互いの慰労も兼ね、奮発して

軽井沢の名店、エルミタージュ・ドゥ・タムラへ!?

と、華やかに行きたいところではありますが
ランチで@8,000円と言うのは、ん~、如何なものか・・・

夫の口癖は 「高くて美味しいのは当たり前!」

う~~~ん!?

プランデルブ軽井沢 オードブル プランデルブ軽井沢 前菜 2 プランデルブ軽井沢 スープ
プランデルブ軽井沢 メイン プランデルブ軽井沢 メイン 2 プランデルブ軽井沢 デザート

と言う事で、今回お邪魔したのは

レストラン・プランデルプ 軽井沢

“プランデルプ” とは、“ハーブがいっぱい” と言う意味らしい。

中軽井沢南にある、タリアセンの直ぐ近く

ポカポカと日当たりが良く、ゆったりとした店内で
ここもまた、気取らずのんびりと寛げる、い~お店でした。

プランデルブ軽井沢 前菜

いただいたお料理の中で、特に感動したのは前菜!

ガーリックが効き、量もタップリのオリーブ・オイルのソースが
一見、重い印象ながら、アクセントのトマト・ペーストとケイパーの
酸味が以外にも、あっさり爽やかさを引き立てて、
ポワレした帆立と歯ごたえの良いきのこと、絶妙のマッチング!

これは本当に美味しかった~♪

夫が選んだ、プチ・トマトのキッシュも、も~これだけで
カフェのワンプレート・ランチになりそうなボリュームで
サクサクと香ばしく、とっても美味でした。

前菜の感動に、ちょっぴりメインが霞んでしまったけれど

地元の美味しい高原野菜と、店名のとおり
自家製のハーブを、タップリいただく事ができ

満足・満足!

記念日を祝う、素敵なランチとなりました。

* * *

そうそう、珍しかったのは、スープの素材 『菊芋

始めていただいた菊芋は、なんでも菊科の植物らしく
ジャガイモのようでもあり、ゴボウのような後味が印象的。

身体にも良いと聞き、早速、地元のスーパーで購入!

さて、家で、一体これをどう調理するのか・・・

乞うご期待!

菊芋 1



■レストラン・プランデルブ 軽井沢
http://www.pdh.jp/karuizawa/index.html
■karuizawa Wedding Net (お店の写真)
http://www.karuizawa-wedding.com/hall/index.php?hno=3&kno=3


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中! 
2007-12-08 [ Sat ]
今回の軽井沢で、一番残念だったことはやはり

“丸山珈琲・軽井沢店の一時休業” の事実!?
(※現在は再開してます!下記参照)

何でも、スペース的な事や焙煎機の許容量の問題などを抱え
閉店も視野に入れ、長い間、頭を悩ませておられたんだとか。

美味しいコーヒーやケーキを提供され
我家をはじめ、“丸山珈琲ファン” を満足させ続けながら

その裏では、色々とご苦労されていただんだなぁ・・・

10月末で一旦お店を閉め、諸問題をクリアされた後
来年夏を目処に、リニューアル・オープンの予定との事だ。

(詳しくは下記より、オーナー丸山健太郎氏の日記をご参照。)

丸山珈琲 2007_9 1

以前の日記でも紹介した通り、
軽井沢のお店は我家のお気に入り。

そんな事とは知らず、今回も早速初日に訪れた私達は

店先の看板に “一時休業” の文字を見つけ、呆然!?

幸い同じ敷地内で、豆の販売店は続けられており
そこでお店の方から、簡単な経緯を伺った次第。

放心状態のまま、取り合えず何種類か豆を購入する。

サービスで淹れていただいたカプチーノが
これまた、格別な美味しさで・・・

香り立つ、温かいそのカップを両手で握り締めながら
戻った車の中で、ガックリ、力が抜けてしまった。

エ~~~ン!!

丸山珈琲 2007_9 3 丸山珈琲 2007_4 4 丸山珈琲 2007_9 5

確かに、

そこで働くスタッフも客も、車でなくては行けない場所にあり
9台程の駐車スペースは、繁忙期など常に満車の時も多く
私達も、何度か道端で誰かが出るのを待った事もある。

遠方から限られた時間のなかで、楽しみに訪れた場合や
暫く待っても全く動きがない場合、何度来ても満車の時には
ガッカリしたり、苛々する人もいるだろう。

きっと、お店の方にその思いをぶつける客もいたんだろうな・・・


このところ、軽井沢のお店が、雑誌や情報サイトなどで
紹介される記事を、目にする機会も増えていたように思うけれど

お店の方々や、私達の想像を遥かに越えて
良くも悪くも、やはりそのメディアの影響力たるや
きっと絶大なんだろうと、改めて感じてしまう。

でも、もっと身近なところでは、

今や膨大な数の個人ブログの存在が、少なからず人々に
様々な影響を与えているのかもしれないと、考えさせられた。

正体不明!?の一個人が、意のままに書き綴るブログ・・・

他人に影響を与えていようが、いまいが

私も自分のブログを持ち、少なからず言葉を発している身として
もう一度、その存在価値や意味を見直すべきかもしれない

と、そんな思いが頭を擡げはじめた、11月の軽井沢だった。

* * *

軽井沢のお店が、どんな姿に生まれ変り
いつ営業を再開されるのか、ちょっぴりドキドキだけど

オーナーの、珈琲に対する熱い想いが失われない限り
きっと素敵なお店であることに、変わりはないだろう。

近い内、

オーナーの日記上で、リニューアル・オープンのお知らせが
目に飛び込んでくる日を、楽しみに待ってます!

また来年、お邪魔します♪

丸山珈琲 2007_4 2


※2008年4月11日、軽井沢店営業再開です!詳しくは下記丸山珈琲サイトをCheck!

■丸山珈琲
http://www.maruyamacoffee.com/

※ 『軽井沢店一時休業についての報告と説明』 は上記サイト・トップ画面の
  『日記』 よりリンクの、オーナー日記 『マルケンの日々是考えすぎ』 中の
  2007年10月15日の日記上です。


人気blogランキングに参加中! FC2ブログランキングに参加中!  ブログランキング・にほんブログ村参加中! レシピブログに参加中!
2007-12-06 [ Thu ]
軽井沢:見晴台 2007_1111月中旬、別荘があるわけでもないのに
すっかり我家の定番(?)になりつつある、軽井沢へ。

3連休の人混みを避ける為、一日早く軽井沢入りしたものの
残念ながら、既に本年度の営業を終了したお店も多く

楽しみにしていた、鳥勝のローストチキンも
丸山珈琲の美味しいコーヒーやケーキにも、お目にかかれず・・・
(丸山珈琲については、また後日改めて。)

初日はとっても寒く、夕方過ぎには雪もチラつく中
それでもめげずに貪欲に、美味しいものを求めて
軽井沢中を徘徊して来ましたよ~!

* * *

中でも、今回一番のヒット!は、人気の 『エンボカ

まるで、軽井沢の知人宅にお邪魔したような
評判通り、とっても落ち着く空間。

“これぞ軽井沢ライフ!!” 的ひととき(?)が楽しめる
また必ず訪れたい、お気に入りの場所(お店)となりました♪

エンボカ 外観

軽井沢に到着後すぐ、予約もせずランチ時に訪ねてみれば
連休前の平日にも拘らず、既に予約で満席!?

安易な考えを悔やみつつ、2日後のランチを無事予約。

想像するに、お店の雰囲気は
もともと別荘だった建物の一部に、小さなお店をオープンさせたけれど
余りの人気の為、住居の一部(リビング部分)も開放した・・・
とでも言った感じで、店舗の奥から靴を脱いでリビングへと続く。

室内には、様々なタイプのテーブルに全20席程のセッティングがされ
私達が案内されたのは、そのど真ん中に位置するソファー席!

接客も至ってカジュアルながら、程良く気が利いていて
適度に放っておいてくれる感じが、かえって心地良し。

少し低い目線から、庭の冬景色を窓越しの大画面で眺めながら
美味しい料理やワインをいただき、当然のごとく長居をした次第。

エンボカ サラダ エンボカ スープ エンボカ 前菜 2
エンボカ 前菜 エンボカ ピザ エンボカ デザート

肝心のお料理。

デザートや飲み物に至るまで、メニューはシンプルながら
全てにおいて “厳選された” 感が伺えるところが最大の魅力。

いただいた 『ピザ会席』 (2名より)も全て、
地元の高原野菜や、素材の旨味がグッと引き立つものばかり。

なかでもつい唸ってしまうのは、やはりピザ!
幻の小麦粉!?と、ベルギービールの酵母を使い
自慢の釜で焼いたピザ生地は、も~文句なしの美味しさ♪

薄皮はサクッとして中はモッチモチ、
ビール酵母独特の香ばしさも味わい深い。

ハーフで2種類オーダーしたトッピングは、季節限定の中から
下仁田ネギと、季節のきのこ+モツァレラ・チーズ。

甘い下仁田ネギに、柚子塩の隠し味が効いていて
これにはちょっと感激!

きのこの歯ごたえがこれまた良く、香ばしく焼けて
ポッテリとしたチーズとの相性もバッチリ!

正直、これ程ピザに感動したのは久し振り!?

前菜には、自家製の燻製や美味しい生ハムなどの
お店自慢の品々の盛り合わせ。

どれも美味!で、昼間っからお酒がすすむ・・・

料理にピッタリのベルギービールや、美味しいワインも
グラスで数種類いただく事ができ、も~大満足のひと時でした♪


これが自分の別荘で、親しい友人達を招いての時間なら
う~ん、楽しいだろうなぁ・・・

などど、叶わぬ夢に思いを馳せつつ、お店を後にした次第。

また次回、訪れる日を楽しみに。


【当日のメニュー ビザ会席】 
               ・エンボカのシーサー風サラダ 
エンボカ サラダ 2 ・高原野菜と生ハムのスープ
 ・自家製スモークと生ハムの盛り合わせ
 ・ピザ (季節限定の2種をハーフ&ハーフで)
 ・特性ソフトクリーム (清水チーズ牧場の“クワルク”使用)
 ・コーヒーorハーブティ

エンボカ ピザ・メニュー エンボカ 燻製・メニュー エンボカ グラスワイン・リスト エンボカ イタリアワイン・リスト

【お店の場所】
塩沢通り沿い、離山房(カフェ)とエルミタージュ・ドゥ・タムラ(フレンチ)の  
間の路地を入った突き当たり。

【その後の日記】
enboca @ 軽井沢 Oct.2009
enboca @ 軽井沢 Apr.2008


■ エンボカ enboca
http://www.enboca.jp/index.html
■ 食べログ.com (お店の口コミ情報)
http://r.tabelog.com/nagano/rstdtl/20000183/
■ デリシャス (お店紹介記事)
http://www.delicious.ne.jp/html/toku02/kiji02/kiji02_0208_12.htm


人気blogランキングに参加中! FC2ブログランキングに参加中!  ブログランキング・にほんブログ村参加中! レシピブログに参加中!

 | HOME | 

PROFILE

Lee

Author:Lee
+ + +
Real Lee * Bites へようこそ
旅・食・住を中心に
心の趣くまま、気の向くまま
マイペースで更新中
どうぞ宜しく

+ + LINKS + +

Tumblr

Lee * way

Shop * Lee Bites

CATEGORY

  • About Me (3)
  • Cooking * Bites (34)
  • Food * Bites (7)
  • Kitchen * Bites (5)
  • Tokyo * Bites (19)
  • New York * Bites (10)
  • Sydney * Bites (7)
  • London * Bites (0)
  • Karuizawa * Bites (14)
  • Hokkaido * Bites (1)
  • Kyoto * Bites (0)
  • Other Places * Bites (1)
  • Books for Cooks * En (6)
  • Books for Cooks * Ja (7)
  • BGM for Cooking (2)
  • Others (10)

RECENT POSTS & COMMENTS

PREVIOUS POSTS

* 全タイトルを一覧表示

COUNTER

SEARCH

Real Lee * Bites 内検索

MAIL

Real Lee * Bitesへの
ご意見・ご感想、お問い合せは
下記フォームより送信下さい。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

TWITTER

FAVORITES

FAVORITES

RANKING

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。