Real Lee * Bites

目指すは、“元気になる・幸せになる料理”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-26 [ Thu ]
手打ちパスタ b 手打ちパスタ a

このところハマっているのが、手打ちパスタ!

何とも言えないモチモチの食感が、病み付きとなり
連休は毎日のように、手打ちパスタ作りに勤しんだ次第!!

最近はすっかりご無沙汰のイタリア料理教室で、
随分前にやって以来の、そば打ちならぬ“パスタ打ち”ながら

少しくらいアバウトでも、案外、美味しくできてしまうのが
手打ちパスタのいいところ♪

セモリナ粉でも準強力粉でも、強力粉でも薄力粉でも、
卵を使っても水だけでも・・・

その時々の状況に合わせて、自由に組み合わせ
後は、ちょっとしたポイントさえ押さえれば大丈夫!

失敗しても、食べるのは夫と自分・・・

まぁ、その気軽さと手軽さが、い~んです!


手打ちパスタ 1 手打ちパスタ 2 手打ちパスタ 3
手打ちパスタ 4 手打ちパスタ 5 手打ちパスタ 6
手打ちパスタ 7 手打ちパスタ 8 手打ちパスタ 9

手打ちパスタ*我家のレシピ

あっさり目のソースの時には、麺に卵を使用してリッチに。
ソースに卵や生クリームを使用する場合、麺は水と塩でシンプルに。

A:卵を使用する場合
材料(2人前、通常は3人前)
・粉 200g(ふるう)
・卵 中2個(約100g弱 溶く)

B:水を使用する場合
材料(2人前、通常は3人前)
・粉 200g(ふるう)
・水 80~100cc
・塩 ひとつまみ(小さじ1/2弱 程度)

□ ポイントは水分量
水分が多すぎると、ベタついて作業が面倒になるので注意!
水分が適度であれば、打ち粉も全く必要なく、作業もスムーズ。

卵や水は、生地の固さを手で感じながら徐々に足して行く。
少々固いくらいがベスト! 


行程(A、B共に同じ)
1:粉と卵(又は水と塩)をざっくり混ぜ、ひとまとめにして休ませる。
 (5~10分程度)
 (ボールをかぶせる、ラップをかぶせるなどし乾燥を防ぐ)

2:捏ねる。生地を折って押し伸ばし90℃回す、を繰り返す要領で。
 (力を入れすぎない、捏ねすぎない!捏ねすぎると固くなる。)

3:生地がなめらかになったら、丸くまとめてとじ目を下にし
  ボールに入れ蓋をするか軽くラップをして、乾燥を防ぐ状態で寝かせる。
 (目安:1時間程度)

4:台の上で、生地を麺棒で丸~く&薄~く、伸ばす。
 (薄さは1~2ミリ程度。下の物が少し透ける感じ。)
 (形は若干歪でも、薄さがほぼ均一なら問題なし!)

5:生地の表面が軽く乾くまで、乾いたフキンの上で休ませる。

6:表面がくっつかない程度に乾いたら、半分にカットし2枚を重ねて
  軽く3つ折りにして、好みの幅に包丁で切る。
 (生地がくっつく時は、折らずにそのまま線を引くように切る。)

7:切った麺を広げ、乾いたフキンやラック、作業台などの上に
  重ならないように広げておく。
 (我家は、パンマット=製パン用のキャンパス地を利用。)
 (キャンパス地に挟んでおけば、翌日、適度に水分が抜け乾麺に。)

8:茹でる。茹で時間は、途中で固さを確かめながら、お好みに。
 (タップリ目のお湯に、塩:大さじ1杯程度入れる)
 (打ち立ての生麺は、吸収しやすいので塩を入れすぎない!)
 (茹で時間の目安:打ち立ては3~5分、翌日=乾麺は7~9分程度)


個人的には、水と塩だけのほうが、よりモチモチ感が
感じられる気がするので、卵はほとんど使用しません。

乾麺はジップロックに入れて、冷蔵庫に入れておけば
2~3日は保存できそうな感じです。

試したことはないですが・・・


手打ちパスタ 乾麺 手打ちパスタ c 手打ちパスタ d
*一晩寝かせた乾麺


※レシピと行程(作り方)は、
 料理教室の先生のレシピ本数冊(下記)を参考に、少々アレンジしています。
 今回の粉は、cuoca.comで購入したデュラム小麦セモリナ(1kg)を使用。


  


レシピブログに参加中! ブログランキング・にほんブログ村参加中! FC2ブログランキングに参加中!  人気blogランキングに参加中!

コメント

手打ち~☆

パスタマシーンを使わずに作るのですね~(@_@;)
すごい!
しかもちゃんと幅が均一~~。
やっぱりお料理好きなんですね~。
私はパスタソースを作るので精一杯で、パスタまでは作る気力がありません~(>_<)
自家製の手打ちパスタはきっとおいしいだろうな~と思いますが・・・。

おぉ!これは参考になります!
私どうも水を入れすぎちゃうみたいで、ぶよぶよしちゃうのです。
パスタマシン使ってるんだけど、カッターにくっついちゃったり・・・
なので最近はもっぱらラザニアでした(^^ゞ
Leeさんのパスタ、ソースもおいしそう~
ボンゴレと…ツナですか?

++きなこさん++
パスタマシンは楽だけど、かえって後片付けが面倒くさそうなので
使わないですね~、ってか、持ってません(^^;
>私はパスタソースを作るので精一杯で、パスタまでは作る気力がありません
ん~、全ては慣れ・・・と言ったところでしょか。
でも、ホント、以外に簡単にできて、美味し~ですよ!是非いつか。


++がっちゃん++
そ~、うっかり水を入れすぎると、ベト付いて結構面倒だし時間がかかるよね~!
でも私はそんな時、もう、粉を思い切り足して固めます・・・
後で、いちいち打ち粉をするのも面倒なので(^^;

そうそう、水分量は使用する粉によっても若干調整るす必要がある気がします。
このレシピは、石挽きとか特別な物でなく普通のセモリナ粉の場合ですが
寝かしている間に、粉と水が幾分なじむので、
始めは、ちょっと固いかな?くらいでちょうどいい気がします。
やはり、水は粉と混ぜながら徐々に足して行くのがベストですな!

写真のソースは4種類で、上左から
・ハーフドライトマトと椎茸&ベーコンのクリームソース
・あさりとプチトマト
・我家のカルボナーラ
・レンコンと椎茸のミートソース
で~す!レンコンのミートソースはお勧めですよん(^^)d

すご~~い すごい!!
マシーンなしで作れるのが 一番ですね~マシーン系は場所取るだけですから♪
しかも そのあとも乾麺にできるとは・・・
捏ねるのが気持ちよさそう~~やってみたい!

一番目の右写真のフルーツサラダらしきものが 気になるw

++しょこらんちゃん++

そ~、狭い我家にはもうマシンを置く場所がないんだよ~!
しょこらんちゃんなら、簡単に出来ちゃうと思うよ!
美味し~から、是非試してみてね~(^^)/
え~っと、フルーツサラダは、オレンジとグレープフルーツ(ルビー)と
チコリとウォータークレソン、そしてオリーブのサラダです。
いわゆる、シチリア風オレンジ・サラダで~す!
塩こしょう少々とEXオリープオイルで。
フルーツの果汁と相まってシンプルだけど旨いよ(^^)d やってみてね~!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

PROFILE

Lee

Author:Lee
+ + +
Real Lee * Bites へようこそ
旅・食・住を中心に
心の趣くまま、気の向くまま
マイペースで更新中
どうぞ宜しく

+ + LINKS + +

Tumblr

Lee * way

Shop * Lee Bites

CATEGORY

  • About Me (3)
  • Cooking * Bites (34)
  • Food * Bites (7)
  • Kitchen * Bites (5)
  • Tokyo * Bites (19)
  • New York * Bites (10)
  • Sydney * Bites (7)
  • London * Bites (0)
  • Karuizawa * Bites (14)
  • Hokkaido * Bites (1)
  • Kyoto * Bites (0)
  • Other Places * Bites (1)
  • Books for Cooks * En (6)
  • Books for Cooks * Ja (7)
  • BGM for Cooking (2)
  • Others (10)

RECENT POSTS & COMMENTS

PREVIOUS POSTS

* 全タイトルを一覧表示

COUNTER

SEARCH

Real Lee * Bites 内検索

MAIL

Real Lee * Bitesへの
ご意見・ご感想、お問い合せは
下記フォームより送信下さい。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

TWITTER

FAVORITES

FAVORITES

RANKING

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。