Real Lee * Bites

目指すは、“元気になる・幸せになる料理”

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-19 [ Tue ]
行って来ました!4月末にオープンした新丸の内ビル6階の
モダン・オーストラリアン 『Salt』 と、ワールドワイン・バー 『W.W.』

楽しんで来ましたよ~♪

どちらのお店でも感じたのは、以前紹介した、期間限定でプレ・オープン
していた 『テスト・キッチン』 同様、型にはまらないフレキシブル
なサービスを提供しようと、努力している感が伺えること。

W.W.はカウンター席メインの、シックで洒落た雰囲気のワイン・バー。
(個室も有 下記W.W.サイト参照)

高さのあるバースツールに座るのが大変だけど、窓際のカウンター席は
丸の内のオフィス街から東京駅までを見渡す事ができ、静かに流れる時間
と、世界中の美味しいワインをいただくことの出来る、大人の場所。

残念なのは喫煙可なこと。
ワインは香りも楽しむものなのに、ちょっと残念。

お値段もそれなりだけど、Saltでの食事前、待合わせには丁度良かった!

写真1:下記参照

そしてSalt。こちらは全面禁煙。

週半ば、水曜の夜だと言うのに、スーツ姿のビジネス・マンや仕事帰りの
OLらしき人々で、遅くまでほぼ満席の状態に、先ず驚く!?

ビルや店舗のインテリア等は、やはりその時々 『流行』 があるとは
思うが、新丸ビルも東京ミッドタウンも、どこか感じが似ている気がする。

でも、アースカラーでシックにまとめられ、広々とした店内には
それ自体がオブジェのようなソファーや、存在感のあるフロアーライト
全面ガラスの一面は、オーガンジーのカーテンで覆われて

懲りすぎず、作り込みすぎない、大胆でシンプルな雰囲気は
“シドニーっぽい” と、言えるかもしれない。

もし、その大きな窓が開け放たれ、爽やかな風でも流れれば
そこが東京のオフィス街、丸の内だと言う事を確実に忘れてしまいそうだ・・・

写真2:下記参照 写真3:下記参照 写真4:下記参照

細かい事を言えば、その場所柄を痛感してしまう価格設定にも関わらず

若いスタッフの対応には、まだまだ不安を感じるし
お料理も、チャレンジ精神が旺盛な故に、目新しい素材に不慣れな客には
不思議なテイストに感じてしまうかもしれないけれど

何より客を楽しませようと、若いアシスタント・マネージャーが奮闘
している姿、サービス精神旺盛なシェフ(シャノン・ビニー氏)の姿勢は
とても気持ちが良い!

日本では馴染みの薄いモダン・オーストラリア料理、現地調達の素材も
含め、『どんなお料理?』 『どんなテイスト?』 『これは何の香り?』 と
メニューを選ぶ段階から、想像を膨らませ、ワクワク感を高めながら

あれやこれやと訊ねるその会話の中から、メニューにない料理のアレンジ
やデザートまで用意していただき、ことのほか楽しむことが出来た♪

私としては、この、お店の方とのフランクな会話から生まれる、美味しく
楽しい展開に、自由な発想のモダン・オーストラリアンらしさを感じ
これもまた、このお店の大きな魅力のような気がして嬉しくなった。

メニュー自体は、テスト・キッチンでの内容に、スペシャル・メニューを
随時プラスし、テーブルごとに、アラカルトか全てお任せのデギュスタシオン
の選択。アラカルトのボリュームは、少なすぎず多すぎず適量だろう。

雑誌 Australia VOGUE Entertaining+Travel('07年4・5月号 P17)上で
ルーク・マンガン氏がコメントしていた通り、お店入口のオープンキッチン前
には鮮魚用の水槽を設えられ、可能な限りOZ & NZ産の魚介も空輸すると言う。

今後の新メニューも、気になるところだ!


一緒に訪れた、いつものメンバー=目も舌も肥えた熟女達!?との会話も
いつもながら盛り上がり、楽しいひと時でした!

それにしても、ホント、この歳になって同年代の友人達と、こんなに
楽しい時間が持てる事に、改めて感謝。

これからも、食に旅に・・・ 大人の時間を、どんどん楽しも~ね♪


写真1 : ラッセルハヌート風味のラムロインのポーチ
     付け合せはマッシュ・ポテトかと思いきや、根セロリのクリーム!?
     これがまた、ラムによく合う!
写真2 : トラウト・サーモンのカルパッチョ
     生姜とエシャロットのソースとフェタチーズのコンビネーションが面白い!
写真3 : 友人チョイスの前菜のエビ(当日のスペシャル・メニュー) 
     OZ産完熟マンゴーとリチのサルサソースが美味!
写真4 : 皆にも好評だった、『Shaw and Smith』 のソーヴィニオン・ブラン!
     とってもフルーティで爽やかな味わいは、正にオーストラリア・ワイン!

酔いも手伝い、デザート写真は撮り忘れ・・・
特別に用意いただいた、ベイリーフ・テイストのさっぱりしたトライフル!
ベイリーフのムースがとっても面白い!量も充分で、満足でした♪
 
■Salt by Luke Mangan
http://www.pjgroup.jp/salt/
■W.W. (World Wine)
http://www.pjgroup.jp/ww/
■新丸の内ビルディング(6階)
http://www.shinmaru.jp/03_floor/6f.html

レシピブログに参加中!  FC2ブログランキングに参加中!   人気blogランキングに参加中!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://realleebites.blog95.fc2.com/tb.php/66-ed1f6c4c

 | HOME | 

PROFILE

Lee

Author:Lee
+ + +
Real Lee * Bites へようこそ
旅・食・住を中心に
心の趣くまま、気の向くまま
マイペースで更新中
どうぞ宜しく

+ + LINKS + +

Tumblr

Lee * way

Shop * Lee Bites

CATEGORY

  • About Me (3)
  • Cooking * Bites (34)
  • Food * Bites (7)
  • Kitchen * Bites (5)
  • Tokyo * Bites (19)
  • New York * Bites (10)
  • Sydney * Bites (7)
  • London * Bites (0)
  • Karuizawa * Bites (14)
  • Hokkaido * Bites (1)
  • Kyoto * Bites (0)
  • Other Places * Bites (1)
  • Books for Cooks * En (6)
  • Books for Cooks * Ja (7)
  • BGM for Cooking (2)
  • Others (10)

RECENT POSTS & COMMENTS

PREVIOUS POSTS

* 全タイトルを一覧表示

COUNTER

SEARCH

Real Lee * Bites 内検索

MAIL

Real Lee * Bitesへの
ご意見・ご感想、お問い合せは
下記フォームより送信下さい。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

TWITTER

FAVORITES

FAVORITES

RANKING

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。